インドリアと印象そしてサトルボディ

アーユルヴェーダをお伝えしていると
ここは、とても好きなんだ。って部分がやはりある。

私は、インドリア(感覚器官)と対象の結合について。

結合の誤り、無し、過度の結合、この3種が病気の原因だとアーユルヴェーダはいう。

分かりやすいのは、
例えば偏食、甘いもしか食べない。全く食べない。食べ過ぎ。
不快な音をきく、音を全くきかない、大音量で音楽を聴き続ける。

私たちの心の状態は、この感覚器官が対象とどのように結合したかの結果によって生じる。
それは、サットヴァ、ラジャス、タマスという形で現れる。
そして、こころは思考を作り出し、思考は行動をもたらす。

私たちの行動は、顕在意識がコントロールしているようでいて、、出来ていない。
実は無意識、潜在意識がベースとして行動は生まれている。

私たちは、無意識や潜在意識はコントロールできないものと諦めるが
この、感覚器官がどのように対象と結合するかによって、
望む無意識を作っていくことが出来る。

適した対象と結びつく、そしてできれば、美しいものにふれる機会を多くもてば
私たちのこころはサットヴァが多くなっていく。
そしてそれはよりよい思考パターン、行動に繋がっていく。

そんなお話しをしているのだけど、
今日は潜在意識について考える機会があった。

サトルアロマテラピーという、アロマテラピーの母校、LSA Japanで学んだ施術の練習を友人と行った。
チャクラに合わせたクリスタルと、直接皮膚にはふれず、精油のバイブレーションを利用して
サトルボディ(微細な身体)に働きかける。
各チャクラのリーディングも行いながらすすめていくのだけど、
私の友人は、私の第4チャクラにヒンドゥーの神、炎とともにカーリー女神をみたらしい。

カーリー女神は怒りや殺戮、戦い、、、などを好む、破壊の女神。
シヴァ神の奥様で、愛と慈悲深いパールヷティー女神の別名とも。つまりは荒ぶる側面。

私は、ガネーシャ神が好きだし、女神であれば、断然、サラスヴァティー女神だ。
もっと言えば、ヒンドゥーより仏教のほうが何倍も興味があるし、勉強している。
なのに、なぜ、カーリー女神が出てくるのか。(友人は女神の名前も分からなかったので友人のイメージではない)

答えは簡単。
私は、今日、次の講座準備にと、「カーリー女神」について調べていたからだ。
こちらがカーリー女神さま
カーリー


つまりは、その行為が感覚器官の対象との結合であり、
私は、カーリー女神の情報や画像に結合した結果、
それは私の意識下に無意識に流れている。

そして、それは、先週から”怒り”という状態でこころにくすぶる続けいる私の感情(←ここは意識化できてるけどねw)
とカーリー女神がもつバイブレーションが共鳴し一つの印象をつくり、潜在意識にたまっていたのだろう。

で、潜在意識ってさ、と気づいた。(いや、再認識した)
内にばかりあると思っているが、違うな~。
サトルボディに私の意識はだだ漏れしているのね。

それは、サトルボディ、エーテル、アストラル、メンタル、そこらへんに保存されるのね。
いやいや、それは習ったことがあるだろうが!つっこみたくなるわけだが、
ハーバルタロットで、現代人は、アストラル体(感情)に偏っている。なんて、習っていたけど
そこまで実感出来てなかったんだよね。

色々な感情が、実はサトルレベルで結びつき、印象として蓄積している。
複雑化しちゃうのね。どうりで、感情とはシンプルにならないものだ。

でも、アーユルヴェーダは、『吉祥なものを見て、触れないで、外出してはいけない』と言っている。
そうしてえた、吉祥なバイブレーションは、きっと既存のより良い印象と結びつき、
潜在意識でもより表層に上がってくるんじゃないかな。
つまり、無意識として行動に現れやすくなってくるんじゃないかな。

この既存の印象と結びつく。って発想が無かったので、
今日は嬉しい気づき。


それが潜在意識として行動に。

と。妙に納得したので、
ブログに記してみました。

備忘録的な。

良き気づきに感謝。

怒りの対処法の1つ。
文章化すると、まま、おさまります。

あと、カーリー女神はネガティブにとらえてるわけじゃなく、
私の怒りと無知を、その場で燃やしつくそうとして下さってるのね。
って感じてます。

スポンサーサイト

薬草庭2017年初夏

更新できずにおりましたが、
お庭の手入れはしっかりしておりました^^

薬草庭、2017年も元気です。

前回UPした記事で、作っていたガーデン。
春に苗を植え付けて、初夏にはこんなに立派になりました!
ゼラニウムや、ラベンダー、レモングラス、ジャーマンカモミール、ローレル、フィーバーフューなどです。
a13.jpg

ことしはエキナセアが勢いよし。
a5.jpg

接写も美しい!
a9.jpg

クラリセージは去年のこぼれ種から、多数、発芽。
ぐーんんと大きくて、立派ですね、香りもとても強いです。
こちらは、バチカンホワイト。
a10.jpg

うっすらピンクが混じったものも。
a4.jpg

はじめて咲いた(3年目かな)チェストツリー。
a7.jpg

エキナセア、チェストツリー、奥はチコリーのお花。
あまり手入れしていないけど、これはこれで味があるガーデン。
a6.jpg

ジューンベリー美味しかった♪
a3_2017072400055477e.jpg

コモンマロウ、今年も元気です!
a2.jpg

コモンマロ―や、ジューンベリーなど、春の元気なハーブを収穫して
コーディアルを作りました。
a1.jpg

もこもこフェンネル。
a.jpg

セントジョーンズワート
a12.jpg

ノコギリソウ、いわゆるヤロー。
a11.jpg


呼吸が気持ち良い。
そんなハーブの空気感、お届けできたかな。


薬草庭作り2017年

GWは帰省して、薬草庭を作って参りました。
花壇的なスペースはこれで3つ。もう場所が無いので、これが最後です^^

土とブロックを購入。
image1(3).jpg

image2(1).jpg


砂利をいれた場所を利用するので
先ずは砂利堀りから。
力仕事で辛いのですが、、
ここは、早朝から父が作業してくれていました!感謝感謝。

image3(1).jpg

ここから、ブロックの高さを調整しつつ敷き詰めていきます。

image4(1).jpg

土をブレンド中。
image5(1).jpg

早朝から作業して、お昼過ぎに完成!
image6(1).jpg

1日土を寝かせて、、(本当はもっと馴染ませたほうが良いらしいが)
苗を植えていきます。
image7(1).jpg

こちらは、トゥルシー系の種まき。
温かくなってきましたからね、発芽条件そろってきました。
image8(1).jpg

タイムのお花。
image11(1).jpg

贅沢なお花の蒸留しよー。
image9(1).jpg

マーガレットとやぐるまぎく。
image12.jpg

こちらも蒸留しますね~。目の疲れに!
image10.jpg

これから梅雨に向けて、
植物の躍動する生命の力がみれます~。
あぁ、楽しみ。
人間に出来ることといえば、水やりだ!(笑)

新居にて

昨年末に、引っ越しました。
お教室の開催を考え、利便性の高い場所にしました^^

段ボールの山で埋もれていましたが
これが片付くまで待っていたら、いつまでも講座は出来ない!
と、段ボールがまだまだある内から、講座スタートさせていまいました(笑)

おかげで、安珠先生のハーバルタロット解説講座
image(205).jpeg

image(206).jpeg

はじめての着付け講座
image(214).jpeg

1月には第2クールもスタート!
image(207).jpeg

kumbura由美子先生のスリランカ教室
image(237).jpeg

美しいスリランカランチ♪
image(239).jpeg

日本アーユルヴェーダスクールの同級生、しま先生の
ヘナ染め&ハーバルブレンド講座!
image(242).jpeg

ヘナの足湯
image(244).jpeg

ヘナペーストの固さ。
image(245).jpeg

ランチはスリランカ料理をご提供^^頑張った!
image(246).jpeg

こちらは、ハーバルヘアケアコスメ作り!
image(248).jpeg

カラフルで美しい
image(249).jpeg

こんな感じで沢山の講座を開かせて頂き、
ご参加いただけ、幸せな2か月!

段ボールがだんだん減り、家具がだんだん増え(笑)
この場も成長した2か月でした。

これからも、楽しく学び・体験する場として、karuna(カルナー)さんを育て、自分も発展していきたいです。

どうぞ、よろしくお願いします。


facebookに専用ページがございます
karuna

モヤっとしたので

茶道をはじめた知りあいが
宇宙とのつながりを、その先生は教えてくれるという。

禅と茶道、禅と宇宙。
つながらなくはないんだろうけど。
その先生はスピリッチャル系の人なんだそうで。

あぁ、私のお茶に求めてるものと、ずいぶんとベクトル違う。
もやっとしつつ。
本屋で「日日是好日」をみかけた。
そう、この本のように、日常の中にあるのがわたしのお茶。

落ち込んだ日、怒ってる日、つまらないと思う日、楽しい日。
そんな生活の中、月に3回のお稽古は続く。
特に、〇〇が出来たら、〇〇を理解したら終わり、ってendもない。

釜に水をいれ、音がやむ。
自分が正しいのに、て、拘泥してた思いを手放す。
どうでもよかったことに気づく。どうでもよくなる。

旅先で訪れたお茶室に入り込んだ西日の美しさに
この茶室を何百年も前に設計した人の思いにふれる。

何か特別な教えが必要な訳じゃない。
日々のお稽古で過ごす時間そのものが大切なんだなと。


例えばさ、
その宇宙と茶道の繋がりを、誰かに聞いたって
それは、その人の解なわけじゃん?

ヒトの解を、自分の解とできるのかな?
私には無理だな~と。


全然、話をかえるけど。
インド哲学は”サトリ”がテーマだ。輪廻転生をぬけるのが目的だから。

じゃ、サトリは、知性で理解するものなのか?というと、違う。
色々な本で、悟った方がどんなやり方で、とか悟ったらこんな風に展開していくとか、書物があるが
そんなもの読んでもサトレないでしょ。

サトルは、チッタ(こころ)で体験するものだ。
だから、いくら書物でサトリを学んでも、知性で理解しても、サトレない。


で、話戻る。
だから、ヒトの解を借りてきて、理解することは出来ないよね。
自分で体験してないから。

って思ったわけです。


もやっとしたので、もやっとしたなりの整理整頓。





























プロフィール

猫パンダ

Author:猫パンダ
アーユルヴェーダとヨーガと奥田民生な毎日です。

ブログ内検索
ブログランキング
応援の一押しお願いします♪
人気ブログランキングへ

FC2ブログランキング

最近の記事
リンク
このブログをリンクに追加する
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する