スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュタイナーの素数糸かけ曼荼羅

FBの知人がUPしていた、シュタイナーの素数糸かけ曼荼羅。

これ、行きたい~って思って、調べて。
んー、行けそうな講座無し。撃沈していたら、、、
以前、黒豆味噌作り教室でお世話になった
わらじデリ』さんから、開催のお知らせがっ!

願えば叶う~、ありがたし。
私の場合は、学びにつてはです。物質化はしないみたい(笑)

メアリーアカーシャさんの
「シュタイナーの素数糸かけ曼荼羅」

バリ島帰りのメアリーさん、パワフルでした!
姿勢、もの言いがハッキリされてて私には心地良い。

30日にワークショップに参加させて頂き
お家で30、31、1日と、3日間かけて作成しました。

天~人~地をつなぐ曼荼羅。

先ずは釘打ちから。
m4.jpeg

この曼荼羅はエネルギーワークと同じように、けっこう体力を使います。
発酵食のお教室をしているわらじデリの高山さんが美味しいランチを出して下さいました♪
色どりも綺麗で、曼荼羅作りのようね。
m5.jpeg


お茶やお菓子も食べながらエネルギー補給しつつ
曼荼羅作りは進みます。

これなら、この色だよね。
という邪念が入った最初に作り出した曼荼羅。
m3.jpeg
まぁ、綺麗っちゃキレイだけど。。。

この赤色がどうにもこうにも、糸をかけにくく、何度もやり直し
力技で出来た色。
自宅に帰って、思い切ってやり直したら、とってもスムーズに進みました。
今の自分に合っていないものを選んだりすると、かけにくかったりするそうです。

ブルームーンの満月お断食と腸の浄化。、
日本アーユルヴェーダスクールの生徒向け無料セミナーで
久しぶり、師匠のDr.クリシュナのお話を聞き、心も浄化。

そんな身心のつまりを取り除く流れの中、
こちらがやり直して完成した曼荼羅です。
滞りを無くし、繋ぐもの。
m1.jpeg

糸をつむぐように、
素数を追い、作る幾何学模様の重なり。
m2.jpeg

思いのほか、中央が立体化していて。
ぐるぐる揺れる、重なる幾何学模様。

ふぅ~、、、、。
これが今の私のバランスなんですね。

こちらの曼荼羅、美しさを求めるなら、もっと配色とか工夫できますが
そこには意味がないそうです。

自分の今のエネルギーを色に託し
そして、繋がりを作るワークとして、曼荼羅作りをする。
でも、決してそこに夢中にならず
しっかり、内側にある自分の呼吸や心拍などを感じながら
行っていくのが理想なんだそうです。

でも、幾何学を織る糸かけは面白いの~。
だからついつい夢中になってしまいそうになる。
深呼吸したり、マントラを唱えながら、内に意識を向けようと努力しました。


こちらは初級編らしいので
機会があったら、次なる曼荼羅も作ってみたいです!!!



素敵なめぐり合わせに
感謝

スポンサーサイト

楊貴妃とマリーアントワネットの香り

すこし前になりますが

トトラボさんで、『美女たちの香水』という3回の講座を受けました。

残念ながら、1回目のクレオパトラは仕事で参加できませんでしたが、
2回目、楊貴妃
3回目、マリーアントワネット
に出席。

講師は、長谷川弘江先生
「癒しのお香」の著者でいらっしゃいます。
先生のブログ⇒「ありすのハーブ庭」

とってもノリが良くって、ユーモアたっぷり。
楽しい講座でした~。素敵な先生です。

さらに、先生、絶対、赤字だと思いますけど・・・
こちらが心配になるような、素材やお土産の数々にびっくりしました。

y8.jpeg


こちらは楊貴妃。
y2_20150405185853a3a.jpeg

楊貴妃美酒をベースに、
沈香が好きだった楊貴妃にちなんで、漢方として使える沈香や薔薇、菊花を追加しました。
y1_201504051858543e7.jpeg

薔薇や菊花が入って見た目にも綺麗。
y3_20150405185853e19.jpeg

これ以外に、『体身香』も作りました。

何でもですね、、これを蜂蜜と混ぜて丸薬にして飲むと
身体の中から匂いがたちこめる、美人になれるって。
y12.jpeg

y13.jpeg

食べれる漢方を使って、、、効能から考えると代謝を上げるものが
多かったように思います。
先生は、丸薬を飲み続けたら日本のお寺のような香りが
漂っい、すご~く代謝があがって汗が沢山でたそうです。
お寺の香りって、今だとおじーちゃんの香りのような(笑)


スペシャル版楊貴妃美酒は、
自宅で、抽出用のお酒をいれて完成です!

中国だから、、やっぱり紹興酒かな~って思いまして。
固い素材が多いので、抽出効率を考えたら、
アルコール度数高いほうが良いかもしれませんが、雰囲気重視!

比較したかったので、ホワイトリカーと紹興酒。
y4_20150405185852add.jpeg

ホワイトリカーは氷砂糖入りです。
y5_20150405185851df1.jpeg

後日、ウォッカ版も作りました!3種になりました。
紅花が入っているので、赤い色が際立ちます。
y6_2015040518585163e.jpeg

それぞれ、どんなお味になるかしら。
飲み比べもまた良いですよね。

チンキ剤の要領で、毎日振り続けて約2か月、熟成させます~。


とっても効きそうな薬用酒ができそうで
楽しみです。


こちらは、マリーアントワネット
y9.jpeg

マリーアントワネットの大ファンという長谷川先生の
オタクっぷりに爆笑!!!
めっちゃ面白かった。

薔薇が好きだったマリーアントワネットをイメージして
サシェ作り。
y7_20150405185921886.jpeg

そしてアントワネットの香水も。
y10.jpeg

ムスクが入ると、ぐぐっと媚薬っぽさが増します。
大人な女性の香りが出来ました。

随所に長谷川先生の香りを愛する気持ちがあふれた
素敵な講座でした。


平日開催、、、、ハードル高かったけど
参加して良かった!

先生の次のトトラボでのコラボ講座は、
『ヒルデガルド』との噂っ!
これまた楽しみっっ。


IFAの授業風景

あと1日、年度替わりですね。
新人さんが入ってくる部署じゃないけど、
自分が入社した時を思うと、あ~なんて若かったんだろうって、、、懐かしいっ。

まぁ、憂鬱でしたね(笑)
入社1日前なんて。

皆そうでしょうけど、大変だったな、社会人1年目っ!
全ての新人さんにエールを!
がんばりやーっ。

さてさて、そんな新人さん時代が遠~い昔になったわたくし、
ただいま、ロンドンスクールオブアロマセラピーの日本校に通っております。
IFAの新しいコース、PEOTコースを受講中です。

前回の授業は、ジャーマンカモミールの水蒸気蒸留体験でした。

がつーーーんと、カモミールが入ります。
IMG_2290.jpg


冷却装置をくぐる管に青いドット♪
アズレンだよー。
IMG_2308.jpg

芳香蒸留水の表面に浮かぶアズレン。
IMG_2296.jpg

このように、くっきりと線に。
IMG_2313.jpg


匂いは~濃いっ。
あの、すっごい良い匂いとは言えない(笑)
ぼーっとしちゃいそうですね。

芳香蒸留水は、生徒さんで等分して下さり
プレゼントしてくださいました♪

カモミール以外に、セージとペパーミントの芳香蒸留水の試飲もさせて頂きました。
ハーブティとは異なり雑味がないので、クリアで香りが良い。

精油ほど、刺激がないため気軽に使用できます。

セージは婦人科系によいハーブ。
生理周期が乱れがちな方とかにおすすめ。


ペパーミントは、夏場は蜂蜜やレモンを加えたら
素敵な飲み物になりそうです。

今回は、植物について深く観察。
ゼラニウムの葉を顕微鏡で拡大して、油胞(精油が入っている)を確認したり。

さらに拡大した図を、見せて頂いたり。
↓植物の世界自体がメルヘンだ。。
IMG_2306.jpg

植物のミクロの世界。
楽しいですね~。


植物療法とハーバルタロット

先週末は日吉にある植物療法の学校
トトラボ”さんで、みっちり勉強DAYでした。
薬学博士で、日本の植物療法第一人者の村上志緒先生の学校です^^

9月、台風で旅行にいけず、空いた日程で急きょ受講を決めました
ハーブ製剤〜6つの基本剤形調製法

土曜日に第二回目でした。
もう初回から、面白くって興奮気味でしたが
今回も、、、、植物の奥深くまでぐぐっと入っていくお話ばかりで
楽しかった!!

植物から抽出できる色素からはじまり・・・(蛍光なんだ↓)
IMG_1627.jpg

綺麗な青も。
image2.jpeg


紫外線の働き。植物中の電子の活性化。
波長の長さとエネルギー。
植物が、何にエネルギーを割くかによって変わる色、
それによって、光毒の強弱が変わっていくこと。
例えば、赤い色素なら・・・色素に使うエネルギー量は低い。
それ以外の運動エネルギーが高くなるので、皮膚につけたりすると
反応する可能性が高い。
とかね。

むむむ。

まさか、チンキ剤作りの講座で
こんな深いお話が聞けてしまうなんてっ。

いつもお世話になっている植物について
ほんとに知らないことばかりだー。

こうして、化学的に深く説明していただくと、、、
その精妙さに何故かむしろ植物の神秘性が増していく気がします。

チンキ剤作りは”バラ”とチンキ剤を使ったフェイシャルジェル。
抽出したい成分に合わせてアルコールと水分の割合を変えていきます。
IMG_1637.jpg

フェイシャルジェルは
先生のお持ちのチンキ剤から選ばせていただきました^^
沢山あるっ!
IMG_1628.jpg

私は、欲張って
セイジブラシと橙の花(ネロり)をチョイス!
更にさらに、そこへローズの芳香蒸留水をIN。
贅沢すぎますっ。
セイジブラシの香りがとっても深くて、素晴らしかった。
ホワイトセージと合わせて、現地の方は浄化の際に使うんですって。


翌日は、楽しみにしていた安珠先生の
ハーバルタロットに見るシンボリズム
村上先生と安珠先生は、昔からのお友達なんだそうです。

私は、アロマの学校後も、先生の講座を受けてたりしましたが
それでも、、もう7年ぶりぐらいの再会でございましたっ。

今回の講座を機に、震災で止まっていた
安珠先生の住む裏磐梯で村上先生とリトリートを再開しようかと思ってるとこのこと。
安珠先生がパーマカルチャーを実践しているのが裏磐梯です。
先生のブログを拝見していて行きたかったの!是非、参加したいー。
image1_20141118203900c53.jpeg
こちらがテキスト。
シンボリズム、はじめて勉強しました。
面白い~!わくわくしちゃいました。

ハーブ、アロマ、アーユルヴェーダに占星術、インド哲学、心理学。
バラバラだった知識が、だんだん統合されてきたこのごろ。
やっと繋がってきている。
ハーバルタロットの深い意味も、シンボリズムの意味も、今だからこそ理解できる内容ばかりで
そして、やっぱり宇宙のルールにいきつく。

安珠先生のお話で
自然療法や伝統療法を勉強する人は
天と地のルール・法則を学ばなければいけない。自然と学ぶ方向に進む。

天とは、宇宙・神の領域のルール。占星術であり、哲学、神秘学、カバラなど宇宙、神とは何かを知ること。
地は、この肉体がいる自然界、地球のルール。4元素(土水火風)の世界。

私にとって、地はアーユルヴェーダとヨーガ、心理学。
天はヨーガであり、哲学であり、占星術。

繋がっていく知識と知識。その瞬間が楽しい。
きっと前進しているハズ。

安珠先生のお話を聞いて、励まされました。
やっぱり先生、素敵です^^
シンボリズムの知識も半端なかった・・・。すごすぎる。

お昼は美味しいマクロビランチプレートでした^^
IMG_1638_20141118203858f3f.jpg

アーユルヴェーダスクールのM子嬢と一緒に参加して
楽しい時間を共有できました。
ありがとう。

この講座を教えてくれたYさんにもスペシャル感謝。
Yさんは、インドにあるアーユルヴェーダ施設のIVACでご一緒してから
ご縁が続いております。

M子さんも、そういえばIVAC行ってたな~。
インドがご縁をとりもってくれてます!


感謝

プロフィール

猫パンダ

Author:猫パンダ
アーユルヴェーダとヨーガと奥田民生な毎日です。

ブログ内検索
ブログランキング
応援の一押しお願いします♪
人気ブログランキングへ

FC2ブログランキング

最近の記事
リンク
このブログをリンクに追加する
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。