旧盆

今日は入谷でインド哲学の勉強会に出席。

寒くなってきましたね。
上着がないと、そろそろ厳しい。


今は、サンスカーラ(通過儀礼)のお葬式について学んでいます。

お葬式の前には、
人が死ぬという、人生最後の瞬間が訪れる。
その最後の瞬間の経験は一番大切なものである、と教わる。

私たちは聖典を学び、サットサンガに参加し続けるのは、この最後の瞬間を迎えるための準備でしかない。

そんなお話です。


それで、旧盆について出てきました。(お盆はサンスクリット語のウーランバナが語源)
日本は、明治以降は太陽暦を採用したのでお盆は決まった日にちになっているが
本来のお盆の時期というのを、教えていただいた。
それば、いわゆる旧暦(太陰暦)でのお盆。旧盆である。

というのも、今がその旧盆に当たるので
本来、お盆にやるべき先祖供養(シュラータ)が、今できる!ということ。

実際には、9月20日~10月4日まで。


その期間を、サンスクリット語では「ピットゥルパクシャ」という。
アーシュヴィナマーサ(9~10月ごろにくる月のこと)のクリシュナパクシャ(黒月)のこと。
黒月というのは、満月の翌日から新月にかけて、月が欠けていきだんだん暗くなる期間のこと。
その反対の新月の翌日から満月にかけては、シュクラパクシャ(白月)といいます。

で、今はクリシュナパクシャ(黒月)です。
この間に(半月間=15日)、祖先供養をしましょう。というお話。

本来のお盆は15日間もあるなんて、長いな。って思いましたが
実は、ご先祖様がいらっしゃる世界では、私たちの暮らす世界の一か月が1日に当たるそうです。
だから、ご先祖様からみれば、たった一日(正確には昼の半日)、私たち子孫に会いに来るんだそうです。


祖先を供養することで、ご先祖さまにもメリットがあり
私たちにも、ご先祖さまからの祝福が頂けるという、大変ありがたいチャンスです。

先祖供養とは、具体的に何をするの?

お墓参りしますよね、日本だと。
でも、インド、そもそもお墓概念ないらしい。。。

お墓は、仏教が中国に渡り道教の思想と結びついて始まったと
以前、僧侶の方にききました。なるほど。

話それました。
戻します。

具体的には、
食べ物、飲み物(水)を布施する。こと。

その際に、先祖3代の名前でお布施する。

食べ物に困っている人、動物でもよいし。
それが難しいなら、植物に水をあげるのでも良いそうです。
これなら、できますね。

この先祖供養(シュラータ)は、お盆以外に命日にも行うものだそうです。


私の場合、ご先祖様、3代の名前を実家の両親に聞かねば。。。
ご先祖様がいなければ、ぬくぬくと過ごした実家もありませんし
この身体(生命)ですら、ないわけですから。
そういったことを考え、感謝するきっかけになりそう。

とても良いお話を聞いた一日でした。

こうして、自分の行動が実際に変わるのが本来の哲学だなぁ。なんて思う。

スポンサーサイト

セルフヴィレーチャナって?

9月に待ってたこと。

セルフヴィレーチャナ。

ヴィレーチャナって何かというと。
日本語では、催下法といわれています。

夏に溜め込んだ過剰な熱は(最近は猛暑だから、特にね)、秋になってから体調に影響していきます。そこで、秋に沢山溜まった熱を出しちゃいましょう、という療法。
とても合理的。(沢山溜まったほうが出やすいから秋がいいんです)

通常は、アーユルヴェーダの施設や病院などで受けるものですが
インドに行く余裕なし(笑)
セルフでの実行方法をスクールで習いましたので、秋になるのをまって、実践しました。

3日間のアーマパーチャナ(老廃物=未消化物を解消する期間)後、
10日からスタートしたセルフヴィレーチャナも3日間の油剤化が終わり、
13日からは、3日間のアヴィヤンガ(オイルマッサージ)。

アヴィヤンガは基本、自分でやりますが(なんせ、セルフなんで。。。)
土曜日は、早朝からスクール同期のYちゃんのサロンでアヴィヤンガを受けてきました。
Yちゃん引き受けてくれてありがとう♪
ハッピーアーユルヴェーダ」さん↓

居心地よいスペースに、かゆいところに手が届く気配りの素敵サロンですよ。
日吉もいいところですね。商店街がある街って好きです。

さてさて
実際に、どんなことをしていたかというと。。

油剤化というのは、ギーという無塩バターから作る油剤を飲むこと。
これは甘草の薬用ギーを手作りして飲みました。
securedownload.jpg

この油剤化がけっこう苦しい。
とてもお腹がすいてたのに、ギーを飲んだら即座に消える食欲。
そのギーによって引き起こされる頭痛。
ギーが消化されたかのサインである、食欲があるか、自分のアグニに問いかけ、そして観察する。

「アーユルヴェーダとは、自分との対話である」
と再認識。

16日の今日は、中央処置日といわれる、
催下を行う日でした。
インドでは催下作用のための錠剤を飲んだりします。

私は、スクールで購入した薬用ニームひまし油を使用しました。
うまくいったのか、いかないのか。
正直、まだわかりません。。


残りの不安は、明日からの後処置期間の食事の管理です。
精神力(サットヴァ)が強ければうまくいくし。
ダメだったら、知的過失ですな。。。


今日、食の研究会の打ち合わせでスクールに参りましたので
日本人アーユルヴェーダドクターに今の状況を説明したら

とりあえず、ヴァータ(空・風)が上がってると思うから
早めに肉のスープなり、滋養の高いものを食べいくように。
とのアドバイス。

確かに、体が軽すぎて(笑)妙な浮き感がある。
ヴィレーチャナ後にくる、爽快感とはまた違う
バラ(身体を支える力)がないから、軽い感じ。

ピッタ(熱)を体外に出す療法なんですが
今は、ヴァータのケアが必要かー。
難しいのぉ。


明日は、お肉を買おう。
(肉のスープといっても、だしをとるだけでお肉は食べません。
消化力が落ちてるので、消化が重い肉はまだ無理。)

ヴィレーチャナについては、後ほど詳しく日記にするつもりです。
実践こそ、アーユルヴェーダ。
沢山の学びがありました。

そして、ますます面白い。


パソコン買い替え

パソコン壊れたこと、日記にしましたが。

データの救出はゆっくりするとして。
もう、いい加減古いPCだったので
買い替えました。冬のボーナス払いという魔法でW



95から、根っからの、Windowsユーザーなんで
今回も同じ。

OS7にしたかったが、買いたいのは、8しかなくって。

今日、届きました。
そして、今使ってる。

Windows8、超絶、使いづらい(笑)
やばい。。。

改変悪。
Windowsユーザー、誰一人として望まなかっただろうに。

今までずっとつかってきたけど
これほどの不便さになったのは初めて!

もはや、仕方ないけど。

こんなに、使いづらいなら
Macでもよかったよ。。。(笑)

テッシー祭り

27・28日は、ユニコーンのギタリスト、手島さん50歳おめでとうの会。

手島いさむ50祭 ワシモ半世紀
image.jpeg


わたくし、ユニ友と28日と行って参りました


ひさしぶり、ユニです。オサーン達です。
赤レンガぷり?一年たってる?
もう、5人が一緒に演奏してるだけで嬉しいです。

てっしー。
ユニコーンでライブがやりたいな!
っていってましたね。

きっと、きっと来年はツアーやってくれるはず。
信じてまってるよ~!!

で。
8月31日
やさい食べ夜祭。


どう考えても、民生が考えただろうネーミングの
謎のライブWW

今年のユニ最後のライブらしく
てっしー祭り後夜祭としていきました。

フジファブが、てっしーの名曲。
「自転車泥棒」をやってくれました。ありがとねー。

民生単独ツアー発表があったので
これから、ライブ続きです!!

プロフィール

猫パンダ

Author:猫パンダ
アーユルヴェーダとヨーガと奥田民生な毎日です。

ブログ内検索
ブログランキング
応援の一押しお願いします♪
人気ブログランキングへ

FC2ブログランキング

最近の記事
リンク
このブログをリンクに追加する
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する