ツアーファイナル!Spice Boys

ここ最近、読んで下さる方が増えまして。
うれしい反面、
たぶん、アーユルヴェーダ的なもの期待されてるかと思うと、、、

いやはや、心苦しいばかりの
ライブネタです!

ノー民生 ノーライフなので、わたし。
民生君を好きになって、そろそろ四半世紀!!

私にとって、民生くんを好きになったことで
人生どれだけ充実して、楽しみが増えたか。
私の人生で自慢できることと言えば、民生くんをずーと好きでいることぐらい。
本当に好きになって良かった、大切な方なのですよー。


で、28日は民生くんのSPICE BOYSツアーファイナルで
サンプラザ中野へ。

今回のツアー、中野以外にはカナケン、府中と参戦。
平日6時30分開演。職場から1時間超の距離は
さすがに間に合わず。だいたい30分程度過ぎてた。

今回のセトリにある「青春」って好きな曲なんだけど
2曲目だったので、一度もまだ聞けてなかった。

中野では開演に間に合い、やっと拝聴できました🎵

前日の27日は、ニューアルバム発売日。
O.T. Come Home

初回限定版購入
image (65)

あのね、デカ過ぎて
LP(レコード)版買った???って焦りました。
右下のが、普通の大きさのCDね。

中には、素敵なおっさんっぷりの民生君の大きな写真が
歌詞カードとなっておりまして。

いい。とてもいいw
額にいれて、壁に飾ろうかと思っているくらい(笑)

で、渋いおっさんぷりの写真よりも
更に良いのが、今回のアルバム!!

前回の、ライブ形式で公開ライブで録音したOTRLも好きでしたが。
(公開録音用で、曲がちょっと派手めでね)

今回はちょっと違うよね?
なんだろーーー、専門的なことはわからんけど。
今回も、全楽器を民生君が演奏してますんで。
なんかもー、本当にマニアックな人だと思うんですよね。

兎に角、かっこいいです。
そして、好きです。
何度も何度もリピートしてます。
「マイカントリーロード」やばいです。すっごい好き。
あとね
「太陽の野郎」も、好きなの。
「ぼくら」もねいいわー。
「風はどこから」えーもぅ、かっこいい。
あ、最初の「フリー」も、めっちゃロック。いい。

間違いなく、名盤。
久しぶりです、こんなに買ってから何度もリピートするアルバム。
(民生君以外のアーティストのアルバムも含めて)


わたし、民生君は太陽みたいな人だなーって思ってるんです。
太陽について、民生くんよく歌うけど。
今回の「太陽の野郎」もね、、、そう意味でドキッとする。

1回だけ、1列目でライブを聞いたことありまして、
わーーってギターを弾いて、前に出てきた民生のオーラ?パワーで
心臓痛くなったことあるw。

「気のせい?」これは、胸キュンかww?って思ったら
一緒にみてた友達も「やっぱり民生すごいわー、心臓にきた」って言ってて。
胸キュンじゃないらしいw
(友は民生ファンではナイ)


ちょい話それますが
インド占星術で、太陽は心臓と関係してて
太陽のパワーが心臓を刺激する。

先日、勝手に民生君のバースチャートを作りまして。
(誕生時刻はわからないから、アセンダントは不明なんだけど)


きっと太陽が強いんだろう。って確信があったのですが
(誕生時刻が不明でも、太陽がどの星座に位置するかは分かるので)
やっぱりやっぱり、太陽が一番高揚する、喜ぶ場所に、どんぴしゃ存在してました。

まぁ、痛い人になってますね?、わたし・・・。いいいのいいの。




話、ライブに戻します!

トライセラからのお花きれい。
image (66)


フィギュア。飾ってありまして、写真撮りの列ができてました。
精巧すぎー。
image (64)

このフィギュア、ツアーパンフで使ったんですね。
ツアーパンフ、最終日に買ってもーたが、本当にくだらない。。。
あぁ、、、、脱力(笑)
まぁ、いいや。

ご本人もご自覚があったのか、パンフについてライブのMCで
「ほんと、すみませんね」
「僕と安斎さんとの思いでなんで」とのことです。。。




パンフはともかく、
肝心のライブ!

民生君は、やっぱりライブです。
生で聞かなきゃ!!
あの声量のすっごいの。
そして、ギター弾く姿のかっこよさ。

民生君は、何でもその姿が楽しそうに見えるのよね。
でも、当たり前に楽しいことばかりじゃないし。
何かのインタビューで
「(つまらないよーなことも)楽しくなるように、工夫するんだ」って言ってました。

あぁ、素敵だなー。

わたしも、そんな人間になりたい。
憧れです。


ライブ、太陽のよーな民生君のパワーに包まれて幸せでした。

本当にありがとう~、って思って終わるライブ。
元気になる。

さぁ、来年!
ついに、あのバンドのツアーかなって思ってみたりで、期待してる(笑)
ご本人いわく、「来年もけっこう忙しい」そうです。

スポンサーサイト

カモメカモメ

ここにきて、やっと秋らしいお天気ですね。

紅葉狩りにいく予定もなく(悲)
近所を散歩。

今年は秋が無かった。ってちょっと前の日記に書いたけど
訂正。
「秋を見ようとする余裕が無かった」


この週末、会社が新社屋に移転。
もちろん荷物は削減しなくちゃいけなくて、引っ越し準備で慌ただしかった ><。
しかも、自宅での施術を再開するため、帰宅後も自宅の整理整頓・掃除しててね。
ダブルで、しんどかった。
会社の引っ越し作業も金曜日で終了し、施術も土曜日になんとかスタート。

終わった感ありの今日、この日曜日。

少し目を向けて歩けば、
色づいた木々がまさに秋だよって教えてくれてました。


図書館に本を返却がてら、
久しぶり、清澄白河庭園へ。

大きな池が印象的で
そこで泳ぐ鯉や、かわいい鴨、甲羅干しするカメ。なんとものどかで
ほんと、大好きなんですけど。この庭園。
全国から集めた岩や石も見どころ。。


しかーし、
今日は、カモメに占拠されてたーーー。
ものすごい数のカモメが、池一面。。

しかも、カモメすっごい意地悪でさ。
カモをつついていじめてるカモメもいて。

池に浮かぶ、涼亭という、素敵な日本家屋があるのですが
その風流なたたずまいを台無しにするかのように
屋根いっぱいにカモメが埋め尽くす・・・。
岩、石にはカモメの白いフンが・・・

がっくり。

いや、カモメが嫌いなわけじゃないんだけど。
海でみるカモメは、いいのよ。
あぁ、海だなーって。

でも、清澄白河庭園にカモメは求めてないの・・・
適材適所が必要かと(笑)

カモメさん達に、勝手なこと言うなって怒られそうだけど、
ここ数年で増えたそうです。(でも、こんなに居たのはじめて!)
何の影響なんでしょうね?


ま、庭園のほうは、美しい水辺を求めていくところなんで
もともとあまり秋の紅葉スポットではないんですよね。
そんなに、色づく木々が多いわけじゃないし。


隣にある清澄白河公園(無料で開放されている)の紅葉が見ごろ!
銀杏の黄色がまぶしく輝いていて、綺麗でした。

赤もいいけど、黄色もいいなー。
落ち葉が、茶色の絨毯を作ってて、
歩くのが楽しかった。

秋、満喫。
ありがとう。

そうそう
「かもめはかもめ」という”くるり”の曲があるです。
あれ、好きです。思い出したので今、聞いてますw

リンク貼ろうと調べたら、別の曲がでてきた。。あぁ、なんか同名の名曲があるらしい。。

シングルのカップリング曲だったので
私は、「僕の住んでいた街」というベスト盤収録のを聞いてます~
良かったら聞いてみて。
(って、誰にいっているのやら)


習い事は細く長く

少し前になりますが
秋のお茶会へ。

もう恒例となった、春日部の丘の上教会のお茶会。
収益は寄附される、チャリティー茶会です。

image (59)

素敵な教会の中には
純日本庭園があります!
image (57)

戦国、キリシタン大名の高山右近の研究をされている
牧師さんの主催。

この時代のお茶はとても政治的なもの。
茶道具の拝領は、手柄にもらう領地に匹敵したとか。
だから男性のものだった。

女性が今のようにお茶を習いはじめたのは
明治に入ってからだそうです。


さて、
立礼のお席。椅子とテーブルは気楽ですね。
image (54)

立礼以外には、
小間、広間、野点とあり、立礼を含めて4席も楽しめます。

どのお席も、工夫されたもてなしが勉強になります。

雨と風で、秋とは思えない寒さだったこの日。
暖炉に火がたかれていました。
image (55)

雨であっさり着物を諦めたわたし(笑)
お蔭で身軽でした。

その後は社中のみなさんで
春のお茶事教室でお世話になった上尾の「ほまれ」さんへ
埼玉方面に皆さんで出かけたのでせっかくだからと、お寿司を食べに参りました。

ご主人がお茶人のほまれさん。
化学調味料を使わず、何でも自家製で作ってらっしゃるお料理は
何を食べても、美味しいし、感動です。

こちらは手作り”ゆべし”を使ったサラダ。ゆべしってお菓子のことじゃないのねー。
image (53)

寿司~。(横の残り少ないガリも手作り。美味しくってね。おかわりしたw)
image (61)

輝くイクラとうにw
image (62)

そして、松茸と戻り鱧の土瓶蒸し。(こちらは、Yさんのおごり~🎵)
image (63)

いったい、今日はお茶会がメインだったのか
食事がメインだったのか、わからない程、みなさん大満足(笑)
いい一日でした。


それで、、、、
お茶つながりで、話題変えます(笑)

先日の先生の言葉。

「習い事は、細く長くが基本ですよ」

なんだか、とても心に響いた。


たしかに。
急いで身に着けようとしても、こういった立ち居振る舞い、所作が基本の習い事は
一朝一夕では身につかない。

熱心に勉強されている方も
長年続けている方の流れる優雅な動きは、なかなかできない。
むしろ、性急さが出て、型だけおったせわしないお点前になる。ような気がする。

でも、この先生の言葉を真に受けていいのか?(笑)
否っ。


「習い事は、細く長く(深く)が基本」

カッコでくくった部分が大切。。。
そんなの言わずもがななんでしょうが、、

うっかり、続ければいいのか!
なんて早合点しそうで危険(笑)

うーん、
でも、またそれも真なりかもしれませんが。

お茶の深さは、限りなし。
教養がついてきてこそ、楽しめるもの(らしい。。。)

もっぱら、このお菓子が美味しいとかってのが専門のわたし。
深すぎて、掘る気になれないんだなーww

習い始めて4年ほど経ち
そろそろ、もう少しなんとかね、その教養という面にも
眼を向けたいと、思うような、気もするんですが。
じゃないと、「細く長く」だけな人になっちゃうね~。あはは。

楽しければいいか。ってのも、あるんだけど(汗

教養うんぬんの前に
そもそものお点前からね、しっかりとしないと(笑)
本当に謎なくらい、手順が覚えられないです(涙)

最後は愚痴。。

お食事会と帰省

友人親子のお誕生日会と
卒業祝いをかねて、先週、Mちゃん宅でお食事会。
4歳になったSちゃんと、5歳のS君が主役。

夏の花火から数か月ですが、子供の成長は早いね。
どんどん変化していく。頼もしいな。


持ち寄りパーティ。
いつも通りカレーを持参(笑)
ほかのものも作りたくなるね、こうなると、、和食がいいな~w

ひよこ豆カレー用玉ねぎ。
image (41)
大量過ぎて、飴色になるのに1時間かかった(涙)

もう一品は、サフランたっぷりのチキンカレー。
image (42)
サフラン以外には、
アーモンドプードル、ギー、レーズンが入る
アーユルヴェーダ的に有益な食材満載のカレー、かつ美味し!!

こちらのカレーは、香取先生の著作「家庭で作る本格インド料理」に掲載されてます!

コリアンダーパウダーが入るのですが
ホールしかなかったので、しょうがない潰す。
結果、香り高く本格的にww
image (43)

こちらか完成!サフラン風味のチキンカレー♪
image (46)

それで、こちらはひよこ豆カレー。
image (45)

ひよこ豆カレーは完全ベジ。
ベジとは思えないコクは、じっくり炒めた玉ねぎのお蔭。

でも、今回はね
かなり肉食だったの。

アーユルヴェーダやってる人、ベジ多いんだけど。
今回のメンバー一切関係なしwやっぱ肉だ!って、盛り上がりました(笑)
Yちゃん差し入れ、尾山台のドイツソーセージ屋さんのに~く。
image (47)

美味しいものは幸せ。会話も弾む。
image (44)


とはいえ。
最後のしめはこちらです。
image (52)
尾山台のオーボンヴェーダンさん。
私、リクエスト~。
こちらのケーキ、好きなんです。
甘さ控えめ大人味、みたいなブームにのらない、ブレない甘さ(笑)
LOVE伝統。

そーいえば、
4歳のSちゃんのママは、Mちゃん。
5歳のS君のママもMちゃん。
イニシャルで書くとややこしーなぁw

Sちゃんが着てきたコートがあまりにも可愛くって、素敵!って話したら
何と手作りだった!
美大出身のママさん、流石のセンスと仕事っぷりに感嘆です。
写真撮り忘れたのが残念!


楽しく友達と過ごした後は、
所用があって帰省しました。

実家へのお土産用分もカレーをつくったので10人前以上の量だった。
どうりで、調理に時間がかかったわけだ。

実家では、カレーを持っていくことを事前に話てあったので
夜の9時過ぎまで、夕飯を食べずに待ってくれてた。
ごめんごめん。朝でもいいやと思ってたのに、ありがとう。

私の作ったカレー。
ことのほか、姉が気に入ってくれている。
今回も、ひよこ豆カレーが美味しいと、ずっと食べていた。

「そぉ?」
とかって、いいながら、内心はとても嬉しいw

姉と私。
性格も好みもぜんぜん違うけど。
あまのじゃくで、素直になれないのは共通してる(笑)

翌日は、お墓参り帰りに、母と桐生川土手を散歩。
image (49)

ススキがもう真っ白。
image (50)

どこを見ても、自然がいっぱい。
やっぱり癒されるな。

たまには、用がなくっても帰ろう。

卒業式!

昨日になりますが、日本アーユルヴェーダスクールの最終学年を卒業しました!
2006年から約7年間、感無量。

私は、アロマセラピーの源流を辿る軽い気持ちで勉強をスタートしました。

もともとは、施術が勉強するのが目的でしたが、
でも、こちらのスクールは、効果の高い施術だからこそ
しっかりとした基礎を学んだ人、座学1年を終えた人でないと教えない。
その軸は今もブレずw

スクールの説明を受けにいったのに、全く勧誘なく、淡々と特徴を説明する。
私は、その商売っ気のない事務局スタッフに
惹かれて(笑)入学しました。

逆に気になるじゃない?
あまのじゃくとしては(笑)


そして、1年生の半ばあたり、
何やらすごいことを勉強はじめたらしいと気づきました(笑)


先ず、アーユルヴェーダの智慧について
ものすごく、地道に、精緻に、人間ってものを観察して、分析して
長い期間、師匠と弟子、またその弟子と時間をかけて、その本質について
まとめた学問なんだと思った。
(長い時間をかけないと、寿命について語れないから、一人じゃ無理っしょ)


その後、
その一貫性のあるもののみかたから、もしかして、、、
古典の言い伝え通り、聖者が一人で得たインスピレーションなのかも、かも?と疑義。

その後、
きっと古典にある伝えられ方をした学問なんだと、と納得。
(つまり神様から授けてもらった知識)
それは、アーユルヴェーダの古典にあることが本質ばかりだから。
人間って、間違うものでしょ?
でも、そこに間違いがないなら、
それがブラフマンの智慧なんだと、信じてます。

こんな、遅々とした流れとともに
私の精神的な部分も成長していきました。


今もあんまり良い人間ではないけど。
すぐイライラするし。。
でも、スクールに入学する前とは、精神的な面でかなり別人です。
そう、今のほうがまだマシ(笑)


この7年間、
職場の人間関係ストレスで(今は、全て自分の思考が作り出した敵なのだとわかる。)
たくさん、病気になったなー。人も嫌いになったし、悪口もいったし。
やけ食いで、いっきに体重も増えた。
こんな簡単に太れるんだって、びっくりした。


ネガティブ感情がピークだった時が、
一番スクールから離れてしまってた頃。

座学1年で十分だなと思っていたけど
体調が一番悪かったときに、セラピストコースの開催が決まった。

もともと、セラピストコースに通いたくって、座学1年勉強したので
何とか、セラピストコースだけは通ってみようと思った。

そこで良い仲間に恵まれ
良いヨーガの師匠を紹介してもらい
少しづつだけど、好転していった。

本科2年に通うきっかけは、本気で忘れた!
何でかな?
なんとなく、タイミングが合ったんだよね。

そして、そこでクリシュナ先生がメイン講師という環境で
本当の学びがスタートしたんだと思う。
(何が本当かって、私の意識の問題ね)

勉強したかったインド哲学も、学ぶ機会を得た。
「ピッタには哲学が必要ですよ」というのがクリシュナ先生の口癖w

本当なんですよね、それ。
哲学が、ピッタに必要な穏やかさを与えてくれる。


3年生に進んだのは、必然。
もっともっと、アーユルヴェーダいう智慧を学びたいと純粋に思った。
そして、今もそう思っている。



3年生の授業では
後期から、1時限眼はヨーガのクラスでした。
といっても、20分の瞑想のために、いくつかのアーサナの後
プラーナヤーマに時間をかけ、マントラを詠唱し、瞑想に入るという
本当の、伝統的なヨーガ。

師匠と仲間で行う瞑想は
本当によい場の力を作り出していて、
私は、深い瞑想に入りやすく、とても幸せだった。


そして、昨日の感動の卒業の日。

何が感慨深いって。。
実は、入学したころの体重に戻ったという(笑)
物理的にはプラマイゼロですww
いや、本当に良かった~w 
1年生時の河口湖合宿の写真とフォルムが同じになりました。

なのに、残念なことに、セラピストコースの最悪な頃の姿が
スクールのパンフに載ってるつー、、
ぜひ、刷新を検討していただきたしw。

冗談です。。

クリシュナ先生は、「真の教育とは情報を提供するものではなく、人を創ることだ」と
以前、お話していました。

入学前とは、別人です。
と、私が言い切れるのは、先生の真の教育を受けられたからだと思います。
同じことをいう同級生が多いのも、その証拠だと思います。

このスクールに、良い師匠に、そして何でも素直に話せる仲間に
巡り合えて本当に幸せだったと思います。


卒業証書の言葉は、『賢者には、全世界が師匠である』チャラカより。
a2x


そしてクリシュナ先生からは、「もっともっと幸せになって下さい」と、泣ける。
つーか、こっそり泣いた。

これからが、スタートです。
ハレの日に、師匠の笑顔が嬉しかった。

深夜の散歩と星

寒くなってきましたね。

数日前に、遠赤外線ヒーターを出しました。

代謝が著しく悪いわたくし、
部屋で寒さを感知すると動かなくなります(笑)
前世はきっと冬眠する動物だったのでしょう…。

10月半ばぐらいから、ちょっと動きが悪いのに気づいてたけど。
まだ、いけるかと思ってたw

でも、西向きといいつつ、建物により太陽の光にめぐまれない我が家は
急速に底冷えする時期に入る。。。

LOVEヒーターw
暖かいって快適~~。
もっと早くに出せばよかった。

そんなぬくい部屋をでて、
外に出かけたら、星がめちゃくちゃ綺麗だった。
夜が深まったほうが輝いてるね。

こんな時間に外出たのは、
明日だす、粗大ごみの券が足りなかったから・・。
で、近くのコンビニに渋々、買いにいった(笑)

もう薄手のダウンがちょうど良い。
冬も近いんだね。。
私は秋が好きなんだけど。
ここ最近、秋の期間はどんどん短くなっていく。


それで、空をみたらすごく星が輝いてて、きれいで。
得した気分になった。キラキラしてるなー。
外でてみて良かったな~て。

星が気になるのは
夏ごろから、インド占星術を本格的に勉強をはじめたから。

日本アーユルヴェーダスクール、本科3年生のカリキュラムには
医療占星術があって、2日間の講義ではありますが、
インド占星術家のタントリー先生が教えてくださいました。
それがもう、1年半くらい前。

その頃には、2人のインド占星術師の方に、リーディングしてもらったことはあったので
その素晴らしさは知っていたのですが

面白いけど自分には無理だなーって。遠い存在だった。
でも、なんだか気にはなっていた。

気になっていることは、潜在意識化で大きくなってちゃうんだろうね。
その後、占星術の情報を色々とキャッチしやすくなって
やっぱり勉強したくなった。

で、最後に一押ししてくれる人が現れて、こんな学び方もあるよと教えていただき
勉強スタートとなりました。

インドに在住、インドの占星術学校に通われている日本人の方の
遠隔講座を受講しています。

やっぱり面白い。

インド占星術は、星が人間に与える影響について、
その人が生まれた日時と場所によって、その時の星座、惑星の配置を作成し
それを読む(リーディング)することによって、その人のパーソナリティや
時期予想(人生のイベントの予想)をしていく。

まぁ、不思議ですよね。

なんで、惑星が人間一人一人に違う働きかけをするんだろう?
そんな気持ちでいましたが・・・


先ほど、美しく輝く星を見ていたら

星の力は、同じよう全ての人間に届くんだろうなと思った。
それを受け取る人間側には、その人の運命というか、個性というか、その状態があり
それによって、惑星のエネルギーを受けとる、受容体のような働きが違うから
惑星の力の作用も、人それぞれ変わってくるんだろうなぁ~。

そうそう、受容体だな。

で、それが受容体であれば、ある程度のパターンは決まっているけど
行いや、意識なんかで、変えることはできるだろうな。とかね。

(それが無かったら処方いらないし。処方=悪い影響の回避するための儀式や物)


とね、ふと思ったの。
いい考えだなって、日記にしてみた(笑)

ちなみに、日本アーユルヴェーダスクールのクリシュナ校長は
インド占星術には頼りません。とのこと。
理由は、「運命論者になるな」というアドバイスです~。


先生は常にポジティブです。
「努力と意思によって、未来は100%変えられるもの」

私、先生のこの考え方がとても好きです。


それでも、占星術をカリキュラムにいれているのは
「全くの暗闇よりも、少し明るい蝋燭の火があれば、人生が生きやすくなる」からだそうです。
その光が占星術。(そもそも占星術は光の科学と言われてます)
けっして、何かが出来なかったことへ言い訳に使うものではない。

いたずらに占いに頼るのではなく
占星術を通じて、星や宇宙の力を感じ、その恩恵を感謝する。
それが先生のおっしゃりたいことだと思う。

インド哲学でも
星がいつでも、輝いていて、そこに在る。
曇っていて見えないというけど、それは人間の目が雲によって遮られただけで
雲には星の力を遮るような力はない。隠すような力はない。
って教えて頂きました。

ちょっと通じるものがあるかなー。

(星はアートマで、雲は無知。の例えなんだけどね)


深夜に外にでて、ちょっと得したぞ。ってお話です。
(ちゃんと確認しとけば、良かったという反省もこめてますw)

お伊勢参り

昨年に続き、今年もお伊勢参りの機会に恵まれました。
10月20-21日。

早めに予約で、念願の神宮会館で一泊。
職員の方の説明つきの早朝参拝もできました。

20日は伊勢に大雨警報が出ておりまして。
思いっきり、雨に軽装備(折り畳み傘w)だった友人と私。
コンビニに走り、大き目のビニール傘とカッパ購入。

何とか、体裁を整えて向かったのは二見浦です。
二見浦は、伊勢神宮をお参りする前に、身を清める、禊の町だそうです。

本来、海に入って禊するわけですが、
いや~、雨風によって十分清められた気がしましたね(笑)

image (27)

夫婦岩も大荒れでして。
女子二人、きっと現実はこのようなものだという暗示かね?って、、
あまりの暴風雨に、もう笑うしかなかったです。

その雨に負けずと、
二人ともかなりハイテンションでしたね、この頃w

カエル様も、大濡れ。
image (28)


無理やりなテンションで乗り切れるのは短時間でしてw
お参り後、足取り重く、二見浦の駅に向かう途中、
購入したかったお塩を販売されている、旅館「岩戸館」さんが参道すぐにありました。

びしょ濡れで、旅館の売店に入り
お塩を購入。お店のご亭主が、これから駅まで向かうことを言ったら
雨で大変だからと、送って下さることに(涙)
電車の時間を調べて下さり、まだ時間があるからと
こだわりの塩作りを良かったら見ていきなさい。と案内して下さいました。

実は、岩戸館さんの塩つくりのHPをみて
すごく気になってたので、なんて幸運なんだろう!

こちらが、塩釜(鉄製だそうです)
image (25)

薪を燃やして作ってます。炎が綺麗。
image (24)

湯気で、幻想的。
寒い雨風で冷え切った身体に、沁みた。。

塩つくりをされている方から
満潮のとき、汽水(淡水と海水の交わるところ)から水を引き入れて作る。
というお話を伺いました。
そういえば、厳島神社も汽水の場所に建てられたと聞いたな~なんて思っていたら
古事記の、伊邪那岐と伊邪那美が矛から、日本の島々を作った話も、実際には汽水から生まれた。
とか、、、さすが神話の国。伊勢の人だなー。

神話好きな私は完全ノックアウト。惚れましたw
が、すぐに電車の時間が参りまして、淡い恋心とともに二見浦を離れました。
はははっ。

旅館の方のご親切で、雨風で落ち切ってたテンションも体力も回復。
きっと良い旅になるね~と、楽しくなってきました。

電車で伊勢市駅に参りまして、下宮をお参り。
大雨の中でしたが、さすがは、遷宮のお伊勢ブーム。
混んでまして、本殿は参拝の列が出来てました。
image (40)


そのあと、別宮めぐりを計画していましが、止む気配のない雨で断念。
とにかくお腹がすいたと、おかげ横丁へ。

お伊勢といえばグルメ!!!w
すし久さんで、「季節のてごね寿司」。
名物に旨いものなし、と言うけど伊勢には当てはまらず!
美味しい~。大雨の疲れが飛びました。
image (30)

もちろん、赤福ぜんざいも翌日頂きました。
image (39)
あんこって美味しい。と友はいっきに平らげてました。
餡子は女子の本懐だね(笑)


おかげ横丁のすぐ近くにある神宮会館へ宿泊。
内宮に近いので、早朝参拝する方など、とっても便利です。

遷宮の儀式の内容や、伊勢神宮の歴史の展示なども館内にあり
興味深く拝見しました。

美味しい夕飯後、疲れもあり爆睡~!

朝は、6時30分に玄関に集合。
職員の方が無料でガイドつきの早朝参拝へ連れていってくださいます。
ただボーと参拝するのと、ガイドで詳しい説明がつくのでは、やっぱり全然違いました!
ほんと、おススメ。

翌日は、うってかわっての快晴!
大雨によって、大気が浄化されて、太陽の力を感じました。
image (21)

前日の雨が、水蒸気となって散っていく様は、神々しかった。
ガイドの職員の方も、こんな日は中々無いですよ、と笑顔。
image (22)

image (38)

image (23)

この日は、21日。1のつく日で神馬見参の日でした。
8時からでしたので、参拝中となりガイドさんの案内でありがたく拝見。
image (34)

絵馬の意味をはじめて知りました。。。
そして、伊勢神宮に絵馬が無い理由も。
本物の神馬がいらっしゃるので、絵馬はないのですね。


大雨も、この為だっと二人とも感激。
光の美しさに、圧倒されっぱなし。
とても印象に残る内宮の参拝でした。

その後は、内宮近くにある、猿田彦神社も参拝。
「導きの神」とのこと。
インドの神、ハヌマーンと重ねちゃいます。
残り1か月でアーユルヴェーダスクールを卒業する、友人と私。
そのあと、良いお導きがあらんことを願って、お祈りしました。
神社の裏には、神田があり、とっても気持ちの良い空間が広がっていました。
image (31)

さらにその近く、別宮でお気に入りの、「月読宮」にも参拝。
猿田彦神社から徒歩で行けます。
参道がとて鬱々として静かな宮で、月、そして影の雰囲気が好きです。
image (33)

最後は、おかげ横丁のにゃんこ!
image (32)

image (29)

ほんと、つれない~。相手にしてくれませんでした(笑)
またそこがいいんだけど。

暴風雨から一転の快晴。
曇りない太陽の光の中での参拝。とても印象に残りました。
感謝。


充実した旅に、新幹線でもニコニコでした。
名古屋で買ったひつまぶし巻きも旨かったw
image (36)

プロフィール

猫パンダ

Author:猫パンダ
アーユルヴェーダとヨーガと奥田民生な毎日です。

ブログ内検索
ブログランキング
応援の一押しお願いします♪
人気ブログランキングへ

FC2ブログランキング

最近の記事
リンク
このブログをリンクに追加する
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する