にゅーシロダーラポット

わたしトリートメントを、受けるのも好きです。
そもそも、エステのトリートメントでポールシェリーを受けて、その香りに癒されたのが
アロマをはじめたきっかけでした。

アーユルヴェーダだけじゃなく、
エステもカイロも鍼灸も、その他もろもろ
何でも試してみる。いいことだと思ってる。

学ぶことは、沢山あるし
どこにでもヒントはある。


最近は、自分の施術向上のため
アーユルヴェーダの施術を積極的に受けてます。

土曜日は友人のMちゃん宅へ
シロダーラとアヴィヤンガを受けにいってきました。

セラピスト歴13年だって。
すごいね。
さすがの安心感。もうゆったりと身をゆだねてるだけでOK。

アーユルヴェーダの施術の中でも
シロダーラが好きです。

「シロダーラ」って
あの、油を頭にたらす、アーユルヴェーダの代名詞になっている
トリートメントです(笑)

これこれ↡
siro.jpg


実は、何に効果があったかわからん。って人が多い
微妙なトリートメントなんです(笑)

原因の一つに、「過剰な期待」ってのがあると思うけど。
瞑想状態になったとか、波動がうんぬん、エネルギーがうんぬん。。。

まぁ、普通ないですから。そんな効果w

一般的にはシロダーラは、頭部への滋養を行います。
また、深いリラックスを与えます。
不眠とか、頭痛とかのトラブルに良い。
そんな、、、ところです。
(変なやり方すると、逆に頭痛になるという・・)


私の場合は
外部からのマッサージでは得られない、内側からのゆるみ。がくるんですよね。
また、「過剰な期待」を煽ってしまかもだけど(笑)

私は、緊張が強い身体なので
なかなか、オイルマッサージ中もそれがとれない。

けれど、シロダーラをすると身体が突然、重くなる。
それは、身体が弛緩、ゆるんだことによる重み。

そして、急に深い呼吸に切り替わり
末端から中心への流れ(逆流)を感じます。

つまり、
緊張をもたらしてるの(原因)が、頭部にあるってことなんだと思う。
それに、シロダーラが非常に効果的だということ。
ケースバイケースなんで。
これは、私の場合です。

ヘッドマッサージと組み合わせたシロダーラは
ハードなディスクワーク系のサラリーマンさんなんかに
とっても向いてると思うんだよね。頭脳労働な人たち。

しかし、リーマンさんはアーユルヴェーダは受けない。
ましてや、シロダーラなんて、、、って思ってるでしょうから残念だな。


せっかっく社会人を十数年やってきたんだし
私は、普通のサラリーマンさんが、気軽にこれるサロンもやってみたいなぁ。
あの人たち、疲れてるからね。
まぁ、いろいろと難しい問題もあるが、そんなことも将来的にはやってみたい。

トリートメントが必要なのは、女性だけじゃないから。
むしろ、男性のほうが必要だと思う。

話それました・・

アーユルヴェーダの施術
来月から、シロダーラとカティバスティもいれていく予定。

今回は、アーユルヴェーダのオイルなども販売しているMちゃんから
シロダーラポットも購入。

(というか、非売品。使っていないものを非常に安価で譲って頂いた。ありがとう~涙)

以前使っていたシロダーラポットは
大きすぎて、すぐに油が冷めてしまってたのね。

今回は、手のひらサイズ?のとってもキュートなシロダーラポット!
image (13)

このフォルム、漢字の「壺」ってのが、まさに当てはまる曲線美じゃないですか?
テンションあがる(笑)

来月からがんばろ!

モノでやる気を出すってのは、
いつも私のやる方法なんです。
形から入るタイプですww

カティバスティは、いまいちテンションあがらんな~w
腰痛の人でも、来てくれないかな、って

自分が一番の腰痛もちなんだけど。
自分には施術出来ないのが悲しい。


今年は病気がちで、体力が落ちているせいか
施術後、わりと疲れを感じてましたが。
先日、1人しかトリートメントしていないのに、その後
身体の節々は痛いは、泥のような疲れがたまって、しばらく動けなくなった。。

これ、絶対、肉体的な疲れじゃないな~って思って
お知り合いの、セラピストの方に相談したら

やはり、施術後は場をちゃんと清めたほうがいいらし。
場とは、その場所のことだし、セラピスト自身も含めて。

アロマの学校で、やたらそういうのを気にする人がいて
ちょっと、どうかな~?って昔は思ってけど。

もともと、私は、スピリッチュアル系はダメな人だった。
スピリッチュアルの意味を勘違いしていたからね。
今は本当の意味で、精神性を高める人は尊敬してる。
でも、亜種はやっぱり苦手w

あぁ、また話それた。

目には見えないけど、そういう負のエネルギーみたいのは施術中に出てるのかな。
出てるなら、受けてる人は元気になって帰ってくれるからいいんだけど。

セラピストは、それを吸収しないよう最低限のことはやっていく必要あるみたい。
と、、、体力が落ちた今は思います。

場を清めるのは、前からやっていたけど
窓をあけて空気をいれかえる(最低15分。できるなら30分)
浄化に効果ありそうな、アロマを焚く。(強めの香りが良いらしい)
セラピストは塩なども使って、綺麗に手を洗う。

長くセラピストをやってきたいなら
ちゃんとしたほうが、いいよと言われた。
身体が資本だものね。素直にアドバイスを聞くことにしました。


今日もお二人施術させていただきましたが
空気の入れ替えとともに、
浄化系のアロマでルームフレッシュナーを作って、シュッシュしてましたw
あとは、WOODSのお香。(これ、天然の香木を使って作ってるそうです)
image (14)

久しぶりに、ルームフレッシュナー作った。
浄化に定番のジュニパーベリーと、シダーウッド、パイン(松)、クラリセージ。
けっこう、いい香りです。自画自賛~。
深みのあるすっきり感(笑)

精油は、いつも私を助けてくれる。
ありがとうね。

お蔭で、施術後も料理するぐらいの体力(気力?)を回復。
味噌仕立ての鮭鍋、うまし。

明日が仕事納め。
どんだけ通勤電車がすいてるのか、今から楽しみですね。
あの、「あ~ぁ、あなたも今日まで仕事なの?」ってシンパシー漂う電車内(毒)

もうみんな、やる気ゼロなんだから
潔く休みにしてくれたらいいのに(毒)
仕事しないよ?、あした(毒)

。。。
こうして毒をはきだし
溜めないようにしてるのさw


スポンサーサイト

納会でクリスマスでお正月な

この日記を茶道に分類していいのか(笑)

昨日、茶道教室の納会がありました。
今年は、先生のお宅をリフォームされたのでと
先生宅へお呼ばれっ。

各自、お持ち寄りの楽しい納会へ。

会は、早めのスタートで5時。
都営三田線沿線の先生宅までうちからは約50分程度。

完璧な計算のもとw
2時半から、お持ちする予定のヤムンセンを作りだしたハズなのに、
また遅れた・・・。

この前も思ったが
10人分越えの料理って、めっちゃ調理時間がかかる。
そろそろ、メモリーに記憶してほしいのだが、わたしの脳よ。。


駅の待ち合わせに間に合わなかったので、
一人、珍しくナビ通り目的地ついた。が、ナビがさすのは大型スーパー?
なわけねーよなぁ~。ってSOS。
結局、社中のFさんが迎えに来てくれました、、、すまぬっ。


挨拶もほどほどに
すぐにおいしい料理にありつく!

先生の旦那さまが北海道がご出身で
毎年、海産物には困らなない。というか、多すぎて困るらしいのですが。

どーんと、蟹が!盛り上がる。
蟹の登場でみんなすっごいテンションあがりました(笑)
これは、お正月レベルだよね?
image_20131222200650f2d.jpeg


そうそう、お酒が豊富過ぎて笑った。。
お酒差し入れ組、日本酒、焼酎、赤白ワイン、シャンパン、シードル、ビール・・・
image (12)
こちらは、Eさんが出雲にいかれた際に購入した黒米の日本酒。
琥珀色が印象的で、コクがあって美味しいです。

ちなみに、何を思ったかわたくし、だいたいの種類を飲みました。。。
久しぶり飲んだ飲んだなー。
だって、チーズやらカラスミやら、
飲めといわんばかりに、おつまみが充実してたんだもの。
ぐぃっとね。いっちゃいました。

しかし、楽しいお酒は残りませんな!二日酔い大丈夫でした。


そしてこちらは、憧れの!?鳥の丸焼き。
お正月の蟹から、遡及してクリスマスですよーw
ちなみに、2羽おります。。
image (8)

悪戦苦闘。
image (9)

しっかり中まで焼けてます。
丸鶏で焼いたからこそ、ジューシー。
塩加減がちょうどよくって、本当においしい。


吉村葉子さんの著書、こちらのシリーズから、
鶏の丸焼きのレシピを参考にされて、先生がお料理。
お金をかけずに食を楽しむフランス人 お金をかけても満足できない日本人

すっごいざっくりな文章なの(笑)
『お塩とガーリックを、オーバーな程、内側にも塗りこむ』
って、分量どこいった?(笑)
これを読んで、調理にトライする先生がステキです!潔いw

終始なごやか~。
image (10)

会話もはずみます。
image (11)

鶏の丸焼きあたりで、もはやギブアップ気味でしたがw
ついに、メインのおでんが登場です。
おでんの具って、各家庭、地方でちがいますよね。また、それも盛り上がります。
わたし、事前に”じゃがいも”をお願いしていたら、先生、入れてくれました!やさしい~。
image (1)
ちなみに、じゃがいも、少数派(涙)
美味いのになー。

それで、これが差し入れの「ヤウムンセン」タイ料理。
image (6)
大したコツもなく、見た目も綺麗に、美味しくできるので
おもてなし料理に重宝な一品です。

作ってから時間が経つと、野菜から水がでちゃうので
そいう場合は、野菜類を塩で水抜きしておくと、あまり味がブレなくて済みます。
もしくは、追加のドレッシングを別に持っていくとか。

Oさんのキッシュもめっちゃ美味しかった!
旦那さまがシェフなのよね。
写真は撮り忘れた、無念w


おでんをふーふー言っていたら
なんと、いくらご飯登場!海苔がまたいいねー。
image (4)
まだ食べる自分が怖い。

そしてそして
やっぱり、最後はデザート。Hさんのお持ちより。
リンゴのケーキとシュトーレン。
image (5)
リンゴと、シナモンってどうしてこう、相性よしなの!!
美味しいっ。

Hさんは、屋久島出身。
屋久島話で盛り上がり、来年の初夏の旅行先は屋久島に決定(笑)
社中の皆さんでいけそう!わくわく。


そんな感じで、わいわいしてたら、
気づけば10時を軽く過ぎてた!びっくり。
居心地良すぎて、ついつい長居しちゃいました。



最後に、残ったおでんをお土産にいただきました。
そして、今日、食べましたよー。
「焼きいりこ」のだしがまた澄んでて、美味しい~。
日本料理は出汁だよねーーーー。
image (7)

食べたおして、飲み倒した納会。
しめしめ。


先生、こんな大量のお料理ありがとうございます。
ずいぶん前から準備して下さってたみたい。
蟹も前日に届くようにしてくださったりと。

「もてなす」って、どれだけ事前に「準備」をするかなんですよね。
頭が下がる。


先生、皆様、楽しい時間と美味しいお料理をありがとうございました!
こんなにアットホームなお教室ってなかなかないですよね。


来年も楽しく、
お稽古させていただきます!


おまけ
インド占星術を勉強している。と、お話したら
Mさんから、「いったいどこを目指してるの?w」とつっこまれた。
ますます、怪しい人と化してる私。

自分の中では、矛盾なくがっつりよつに繋がってるんだけどね。
うまく表現できませぬ。


でも、「占い」ってキャッチーなんだね?
アーユルヴェーダには、なかなか食指を動かしてくれない方も
占星術には興味をもって頂けるみたい。
嬉しいような悲しいような(笑)

それと、霊とかわからないっ。
占い師=霊能者じゃないよね???

ははは。
最近、それ錯誤されちゃうってことに気づいた。
びっくり。
わたし、何も、いっさい見えませんから!


私が勉強しているインド占星術の特徴をいうなら、
何千年もかけて、脈々と続く統計学のようなものです。
だから、必要なのは論理的な思考であって特殊な能力ではないです。

おまけ、長くなった。。。

冬の便りは柚子の香り

冬の寒さが増す今日この頃ですね。
あー、ほんと寒いの苦手W

お正月前のこの時期(え、クリスマスってっw?)
実家の両親が柚子を送ってくれます。
いつもありがとうです。

柚子の香り。
梅と並んで好きです。和の香りやねー。
image (72)
今年も立派な柚子を届けてくれました。

ちょうどスクールでセミナーがありましたので
お友達にもおそそわけできて、良かった。

で、ペイズリーの先生でもあるMさんおすすめの
柚子たっぷり、カリカリジャコがけ、大根、水菜のサラダを先ずは作りました。
image (73)
うん、鉄板!うまし。

私、オリジナルなのは長こしょうを加えました。
オリエンタルな風味に。和が消えたw

まだまだ沢山あるので、今年は「柚子ジャム」に挑戦~。
去年は、柚子茶でしたが、ローカーボ生活用に低糖ジャムつくり。

①皮むく。
image (74)

②皮じゃないほう。後で使うので、捨てないでとっておく。
image (75)

③皮を千切り。ふふ、小一時間かかった(涙)
image (76)
腱鞘炎にならないよーに、、、少量でどうぞ。


④皮を湯で水にとる。を3回繰り返す。(苦味とり)
image (77)

⑤皮、ざるでこすとこんな感じ。
image (78)


⑥実と種をジャムの粘性となるペクチンとるため、煮詰める。
image (79)

⑦皮、ペクチン、果汁、全部まぜて、煮詰める。
image (80)

⑧砂糖は、これで。ローカーボですもん。
image (81)

⑨ジャーン。出来上がり。こっそり?ショウガとクローブも入ってます。
image (82)

⑩こちらは、シナモンたっぷり版。
image (83)



部屋中が、柚子のよい香りでいっぱいでした。

鍋を火にかけて、木べらで混ぜながら煮込む時間って
何でだろうな~、幸せ。
楽しいのよね。

水道橋でカフェ

水道橋。
この東京ドームのお膝元。
お茶のお教室があるため、週一ペースで通ってるのですが。

チェーン店や、飲みやは多いが、
素敵なカフェ。ってのはなし。
長居するところでは、あまりない印象。

と、思っていたら
お茶の先生から、素敵なカフェを見つけたので
行きませんか?とお誘い。

「食堂アンチヘブリンガン」

食べログにもある。

マクロビオティック的なコンセプト。
小津安二郎監督の作品から名前をつけた。らしい。
名前からインパクトある。何度も聞きなおした(笑)


流行のリノベカフェっぽいんだけど。
リノベカフェ、雑なとこは、イマイチだったりするし。
店員さんが、何故かツンケンしてたりね。。
(そこいくと、スタバとかの店員さんはしっかり教育されてて気持ちよい応対だよなー)


このお店、とっても落ち着くのは何でかな?
と、、
お店への内装へのこだわりが、ひとつひとつに感じられる。
まとまりなくおかれたものが、何故かまとまってる(笑)
店員さんというか、オーナーの女性の方、とっても感じがよい、アットホーム♪


うだうだ書いてますがw
居心地が良い、素敵なカフェです。
インテリア、見るだけで楽しい。
こだわりが随所に。

お料理も美味しかった。
パスタ、うまし。
シンプルだけど、しっかり美味しいお料理ですね。

それと、ワイン!
20131213121304dbe.jpg

ミディアムなんだけど、酸味がすくない、でも美味しい。不思議。
時間がたつと、まろやかに。ちょっと舌にピリピリ。炭酸?

美味しいです。とっても。
私のバカ舌は当てになりませんが、
ご一緒した、先生と、社長をされてるセレブなOさんも絶賛されてたので大丈夫(笑)

国産ですから、酸化防止剤も入ってないので
変な酔いかたをしなくてすむ。


こちらのワイン、少し前にも先生に「知ってる?」って、
聞かれたことがありました。

私の実家のほうのワインで。
障害者支援の事業所で作られていること。
沖縄サミットでも出されてね、、、

「知ってる?」
って、全く知らんかった。。

栃木の足利にあるファーム。

こころみ学園のワイン醸造場 ココ・ファーム・ワイナリー

実家は、群馬の桐生なんですが。
足利と桐生は、県境ではありますが、実はお隣さんです。

全く萄作りに適してるとは思えない気候ですが
そこを努力によって、克服して美味しいワインを造られている。

ファームにカフェが併設されているそうなので
今度、帰省したときに遊びにいってみます!

地元を離れて暮らしている年月のほうが実は長くなってしまった。つい最近w
新たな魅力を教えてもらえるのは、嬉しい。

今回のお食事会。
健康話で盛り上がりました(笑)
老人かってw

Oさんは、お子様がお体が弱かったこともあってか
大変、健康に関して勉強されていて知識が豊富。
びっくりしました。

それで、お話ししていて気づいたのですが
私は、Oさんの話に「そうなんです、そうそう、アーユルヴェーダでも・・・」
と、何度も繰り返しました。

不思議と話しが合う合う(笑)
発酵食品、腸、脳、毒、油、うつ病。。。

アーユルヴェーダという視点じゃなくても
健康について、真理をもとめて勉強していけば
同じ結論にたどりつくんですね。

真理って一つですからね。
どの道を通っていくかの差。

それが、現代医学でも、現代栄養学でも、日本的な伝統医学でも、中医学でも、いいわけで。

それと
先生から、「ギーって何?」って聞かれました(驚)

TVでやってたのかな?
アーユルヴェーダとは、全くご縁のないお茶の先生から聞かれるなんて
もしや、市民権を得てきたか?アーユルヴェーダ(笑)


むふふ。
そろそろ、プチ講座を開こっ♪と決めた食事会でした。

先ずは「簡単・誰でも作れるギー作り」あたりかな~(笑)

プチ野望が募った、
楽しいカフェでのお食事会でした~。

占星術セミナー

普段は、遠隔授業で受講している占星術の講座ですが
この土日は、インドから講師の方を招いての、
みっちり2日間のセミナーが御茶ノ水でありました。

私は、また初学者なので、1日目の内容はついていけても
2日目は難しいとのことで、土曜日のみ参加致しました。

日本ジョーティッシュ協会主催のBVBセミナー。

バールティーヤ・ヴィッディヤー・バワン占星術学校(インド)から講師を招いて行うセミナーのこと。


今回は、4室と5室のリーディングについて。

4室と5室から幸不幸を読み取る。
でもね、その人の性質によって何が幸せなのか、不幸なのか、、
異なってくる。そこも面白い。

物質的なものに幸せを求めるのか、そして感じるのか。
精神的なものに幸せを求め、感じるのか。

むむむ~。
100%ラッキーなことも不幸なこともない。
その裏に走るものがあるのね。


こちらのセミナー。
朝の10時から17時まで。
2時間に一回くらいの休憩具合w
みっちりって言葉が大変マッチしてました(涙


初めて参加したので、どんな様子がわからなかったし
ついていけるか、という不安が一番でしたが

大変、わかりやすく。
そして、専門家のリーディングの実践を
次から次へと教えて頂いて、ほんとーーーーーーーに、勉強になったし。

面白くって、わくわくしました。


そして、充実しつつも、
いっぱいいっぱいのお疲れ状態(笑)で、ランチ休憩へ突入。

ふらっと入った、カレー屋さんが激ウマ。
image (70)
マトンとマッシュルーム。マトン、ゴロゴロとたっぷり🎵
不思議なフレッシュ感あるキーマカレー。


セミナーもすごい面白いし、ランチも美味い。
ついてる!ついてるぞ、今日の私。。と、内心ほくそえみつつ。
カレーを堪能。

看板もこの潔さ、センスいいし素敵ですね。
image (71)

あとから食べログみたら
最近オープンしたみたい。で、既に人気店らしい。
だよね~、こんな美味しいカレー屋あったら通っちゃう。
店長さん、笑顔がステキなイケメン(私基準w)でした。更についてるっ。


とても充実した一日でした。

ちょっと背伸びしてセミナーに参加して良かった!
今後の勉強に弾みがつきました。

感謝。

ダンヴァンタリ神のお誕生日

今年も開催されました。

日本アーユルヴェーダスクールでの
ダンヴァンタリ神のお誕生日を祝う会

ダンヴァンタリ神は、日本に伝わって薬師如来となっております。
アムリタ(不老不死の妙薬)の壺をもつ
医術の神様です。
そして、アーユルヴェーダの神様でもあります。

施術に携わるとき、最善を尽くした上で
その癒しの力へ敬虔な思いもつ。

どうか、神のご加護があるようにと祈る。
その祈る先は、ダンヴァンタリ神です。

癒しに携わる人間であれば、
一年に一度のダンヴァンタリ神のプージャに参加して
祈りを、感謝を捧げる行為は大切だと、クリシュナ先生はおっしゃっています。


こちら、ダンヴァンタリ神さまです。
image (69)


そして、タントリー先生よりお食事の振る舞いがあります。
image (68)

美味しい~。
こういうシンプルだけど丁寧なインド料理が一般にも広まって欲しいです。


ちょうど施術を再開したばかりで
こうしてお祈りする機会を得てありがたい。


今年も参加できて幸せでした。
感謝。


そうそう
インド暦普及協会を主宰されている松永さんの
2014年版の「月の暦」がプージャで祝福されてから
販売されていました。

毎年、大人気です。
今回は、ノート型の暦に加えて内容が充実したという噂のガイドブックも購入🎵

以前に比べると、ナクシャトラの説明も追加されてて、
インド占星術のリーディングにも重宝しそうです!


プロフィール

猫パンダ

Author:猫パンダ
アーユルヴェーダとヨーガと奥田民生な毎日です。

ブログ内検索
ブログランキング
応援の一押しお願いします♪
人気ブログランキングへ

FC2ブログランキング

最近の記事
リンク
このブログをリンクに追加する
カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する