情報のアーマ(未消化物)

今日の午前中で
S先生の全24回の占星術のクラスが終わりました!
(夏のセミナーに向けて追加、2回の講座がありますが)

昨年の7月からスタートしたクラスでしたが
早いものですね。

当初、星座の順番すら覚えてなかった私が
カウンセリングに取り入れるまでに成長しました^^

しかし、そこはヴェーダの学問。
学べば学ぶ程、深さが分かりまして、愕然とするんですねw

そんな私に
しっかり学べるよう、神さまからの恩恵か

ここ数か月の間
インド哲学でご一緒させて頂いている
有名占い師のTさんが
占星術を教えるのを再開されたので、そちらにも参加させて頂き

そして、インド手相の通訳でお世話になっていた
Kさんの勉強会も、手相を見てもらいにいったら
ちょうど、勉強会を開く直前でそちらも運よく参加させて頂き


もう、すっごい豪華な感じで
どんどん勉強できてるんですね。
それぞれの先生から、色々な確度からチャートをみる術を教えてもらえてる。

T先生からは、奥行のある澄んだ視点、
K先生からは、シンプルで力強い視点、
S先生からは、どこまでも論理的に要素を重ねていく視点、

とっても、ありがたいの。嬉しい。


でもね。
今日、午前中に遠隔占星術の授業。
その後、午後からTさんの勉強会に参加して気づいたの。

占星術勉強し過ぎて、「気持ち悪い」って(笑)

先日、日記にした「アーマ」
これは、過食などにより「消化」できなかった
「未消化物」であると説明しましたが

このアーマは、「学ぶ」行為からも発生します。

「消化」とは、食物の「消化」以外に
「情報」を自分の「知識」として吸収する、頭脳の働きもいいます。


今の私は。学んだものを、しっかり消化できず
知識になり切れない。未消化物である「アーマ」が発生している(笑)

だから「気持ち悪い」だと思う。

身体の未消化物(アーマ)には小食、断食。
入ってくるものを絶つことが有効な方法でしたが。

情報の未消化物は、さてどうするか?
「情報」は、自分のものとして使えるよう理解することで「知識」に変わります。
情報が知識になるには、、、、、復習!復習!
これが、一番のアーマ解消法かな~。


さて。
次までは、しばらく時間もあるし、新たな情報も入らない。

アーマ解消しなくては。。



スポンサーサイト

春のカファ対策(はっさくピール)

昨日、6日の日曜日。
月イチ講座」の第二回目が終わりました。

前回、ご参加頂いた方がお出ししました「課題」に
とっても真面目に取り組んでいただいて、もうもう、嬉しかったなー。
ありがとうございました。


第2回目は、
・アグニ
・アーユルヴェーダの食事における8ルール
・6つ味
・8ルールの実践方法

これらをお伝えしましたが
私は6つ味とルールの実践方法を担当。


また、軽食に「春キチュリ」と題して、
ふきのとう入りのキチュリを召し上がっていただきました。

image (106)


講座でお話した「アグニ」とは、消化力・代謝力のことです。

アグニが良い状態であれば、多少油たっぷり、お肉たっぷりなお食事をしても
デザートを食べ過ぎたり、ジャンクフードを食べたって
なんとか消化・代謝してくれます。


でも、この消化力は
さまざまな時の影響を受け、上がったり、下がったりします。

1年の単位でみると
厳冬がアグニ(消化力・代謝力)が一番高い時期です。
その厳冬をピークに、夏至に向けて、ゆるやかに消化力は落ちていきます。

夏バテをする頃、消化する力も一番落ちているんですね。


季節の変わり目。「春」の今は?
もう、厳冬(冬至)をだいぶ過ぎてきて、消化の力が落ちてくるタイミングです。

でも、何が原因で落ちるのか?

前回の日記にも書きましたが
それは、冬に食べ過ぎて蓄積していたものが、春の暖かさで移動しはじめ、
身体のさまざな部位を詰まらせるから。

胃における消化の力も、詰まりがあると弱っていきます。
そして、細胞内の消化、つまり代謝も落ちてきます。


春、季節の変わり目に体調を崩すかたは多いですね。
身体が重く感じられる、ちょっとやる気がでない。
なんて方は、この「詰まり」が原因かもしれません。


前回の日記では、アーマ(未消化物)のケアは、お断食が効果的とお話しましたが、
今回は、カファ(体内の結合エネルギー)の対策について。

「つまり」は、アーマが原因であるとともに、
このカファという結合エネルギーも原因の1つです。

結合が「過度=増えすぎる」になると、分泌性、粘着性などを引き起こし
「つまり」の原因となるからです。

春は、このカファが増えるタイミングです。
ではでは、カファはどうしたら減らせるの?

生活では、適度な運動。
食事では、苦味・渋味・辛味を積極的に取り入れるのが効果的なんですね。


そこで春の苦味・渋味の代表格!
「ふきのとう」をいれた、キチュリを今回、お出ししました。
image101z.jpg


春はカファも増えますが、
自然界では、渋味が増える。とアーユルヴェーダの古典にあります。

確かに、アクの強い野菜が豊富になる時期ですね。
「旬のものを食べる」ことによって、
体内のバランスがとれるよう自然からの配慮があるようです。


ところで、先日参加しましたお断食の合宿の際、
「はっさく」が出ました。
はっさく、、、、苦いですよね?
今が旬の「夏みかん」も、苦い。

野菜ばかりか、春が旬の果物までちょっと苦い。。。
ってことにも、今回気づけました!

しかもですね。
この時期の、かんきつ類は、”皮が厚い”
まさに、実だけじゃなくって、私も食べてといっているかのよう。

そんな、はっさくの声(笑)
をいかすべく、お断食の合宿で大量にできた無農薬の皮。
頂いてきまして、ジャムとはっさくピール作りをしてみました。

ちなみに、皮を頂いてきた動機は、
「春はカファだから、苦味をとるため」なんて考えてないですよ~(笑)
どなたかが、「はっさくでピールを作ったら美味しかった」とお話してて
「ソレ食べてみたい!」という単なる食い意地です・・・。


けっこう沢山いただきました~🎵(食い意地の結果だなー)
image (102)

適当な幅にカットして、洋酒と甘味と水で煮詰めます。
image (103)

煮あがった皮を、グラニュー糖がわりにラカントをふりかけ
お皿やバットに並べて、乾燥させます。
image (104)

2日も経つと、この状態!(部屋が乾燥し過ぎなのかもしれないがww)
image (105)

出来上がったら、冷蔵庫で保存。

とても簡単にできました。

お砂糖ではなく、血糖値をあげない「ラカント」を使ったので
甘くてもカファはそれほど上がりません^^

これを精製砂糖で作ると苦味より、甘味の作用が勝って、
甘味の影響を受けてカファも上がってしまうので要注意です。

それと、
砂糖の代わりに蜂蜜をいれて、煮込むレシピもありますが
アーユルヴェーダ的にみれば、蜂蜜を加熱してしまうと
身体をつまらせる「毒」になるとまで言ってますから・・・。
蜂蜜だけは使わないでね。

生の蜂蜜でしたら、この春とるのに、優れた食べ物なんですけどね。


完成した「はっさくピール」
お味は、思った以上に苦甘な大人味。
甘いより、苦いが先にきますね。ほんと、よい苦味ですっ。
でもって、とっても美味しいです。


春のカファ対策の1つ、苦味。
お野菜だけじゃなく、果物やかんきつ類の皮をひと手間かけて
楽しみながら食してみるのも良いですね。

食い意地から転じて、たまには良い発見もあるもんです。

春のお断食とアーマ(未消化物)ケア

週末6日日曜日は、第2回「幸せなココロを作る食事法」を開催します!
美味しい軽食付きで、春におすすめの食事法も含めてお話しさせていただきます~。
お申し込みは、yn.hasta@gmail.comまで。
お待ちしてます。


さて。
通っておりますヨーガ教室では
年4回、お断食の合宿があります。

特に春は人気で、すぐに定員になってしまいます。
皆さん、なんとな~く「出したい!」って気分が高まるのかな?


アーユルヴェーダ的にみても、この春のお断食。
断然、おすすめですっ。

冬は消化力が強いため、ついつい食べ過ぎてしまいます。
クリスマス、お正月を美食で過ごした後、
身体が重く、何となく体調の悪さが気になる頃(笑)

そこへ、年度末、期初と、送別会やら歓迎会やらが続くのがこの時期。
そりゃ、身体も弱ります。
気候は、まだまだ不安定で、寒暖の差だけでも負担増。

コレだけの、体調を崩す要素が集まっているのが
春の季節の変わり目なんですね。



そして、冬の過食は、未消化物(アーマ)として身体に溜まっていきます。
アーマは身体を詰まらせます。

そして、余剰なドーシャ(3つのエネルギー)も、溜まっていきます。
余剰となったドーシャは、春の暖かさにうながされ、
身体の中を移動し始めます。。。

どこへ?
その人のウィークポイントへです。
疲労している部位、慢性的に弱い部位、そんなところへ余剰ドーシャは移動していき
たどりつくと、痛み、痒み、炎症など、さまざまな症状として現れてきます。

このとき、未消化物(アーマ)が少なければ、詰まりもなく、ドーシャも蓄積しにくくなります。

だから、春は先ずはアーマを解消するのが大切なケアとなります。
このアーマを解消するケア方法。
一番、有効なのが、「お断食」です!

アーマというのは、何かで流せるものではないんですね。
アーマは、過食や、消化力不足により、しっかりと消化できなかったのが原因で作られるものです。
つまり未熟な状態で、ベトベトと粘着性、分泌性をもっている。だから、つまらせる。
未熟なままでは、粘着性で剥がすこと出来ず、排泄することもできない。
無理やり剥がそうとすると、ついている先の体を傷つけてしまう。

先ずは、「熟す」ことが大切!

ちなみに、この「アーマ」がある状態でのオイルマッサージは厳禁です。
かえって、結果は悪いものとなりますので注意しなきゃいけない。


この「熟す」作業で、効果的な方法が「お断食」なんですね~。

粘着性のものを遊離させるには、乾燥が必要。
食を抜くと、身体は乾燥していきます。(ヴァータのエネルギーがあがる)

他の「熟す」ケアとしては、
小食を続ける、消化を促すスパイスの摂取、運動なんかもあげられます。
白湯もね。


まぁ、読んでも「あっそう」ぐらいでしょうけどww
実際、お断食をしてみると、
食べていない間、不要な老廃物がどんどん、解消していくのが分かります。
その結果・・・、私はある程度、気化している感じがいつもします。

ストイックなダイエットしていると、体臭がきつくなったりしますよね。

あれと同じように、微妙に体臭が変化している気がします。
身体中に、未熟→熟 の変化時に生まれた、エネルギーがかけめぐり
一巡するまで、けだるい状態になる。

しかし、その変化が終わったかな?って頃になると、
びっくりするくらい、身体も軽く楽になる。

お断食の本では、このタイミングを
食事からとった糖を使ってたのが、ケトン体利用に切り替わったからって
説明されています。


まぁ、何はともあれ!
春のお断食は、一年の健康のためにも是非、試して欲しい健康法です。
アーマが熟されるのを実感して欲しいな。


私たちのヨーガ教室は、前田 行貴先生がご指導される断食法を行っています。
1日半のお断食と「お流し」という方法の組み合わせです。

先生の著書もございますので、
ご興味があれば。
釈尊の断食と呼吸法新装改訂版 心身を覚醒させるウポワズと呼吸法


さて、そんなこんなで、おススメの「春断食」
昨年はキャンセル待ちで参加しました。

今年もキャンセル待ちをしていましたら、
お声がかかり、参加させていただきました。

アシュラムではこちらのお断食中のお釈迦様像が
見守ってくださいます。
20140404102339d17.jpg



お断食の数日前からは、食事を見直し小食、菜食を心がけると
お断食中のさまざまな症状が和らぎます。

しかし、今年は実家に帰省していたため
思う存分、沢山食べてました・・・。

結果、お断食初日の夕刻から、頭痛やら、普段はない吐き気が出てきました。

胃が弱くない私は、普段は吐き気は出ませんが、
食べ過ぎていたせいで、胃が疲れてたんでしょうね・・・

初日は、夕方から「楽健法」(足で相手の体をふみふみして、ほぐす民間療法)の実践。
ペアになり、お互いをふみふみ。

私は、フラフラになりながらも、何とかこなし
自分が受ける側になったときは、すこ~し楽になりました。

断食中は、ちょっと辛くても、軽く体を動かしたほうが、後々の経過が良くなります^^

そうはいっても
この頭痛と吐き気、翌朝までもちこし・・・。

通常でしたら、早朝散歩のあとヨーガをするのですが
この日は、雨だったため、ゆっくりとヨーガするのに変更。

体調的には、だいぶ辛かったのですが、ヨーガに参加。

お断食中でもできるよう、川原田先生が組み立てた呼吸法、ヨーガで
終わる頃には、びっくりするくらい元気になっていました。

私は自宅でもお断食をするのですが、
ちょっと辛いくらいでも、何もしなくなる。
ヨーガもできない。

動かないので、けだるさも改善せず、、、
と、負のループに入ったりします。

師が居るというのは、本当にありがたいものです。
このお断食が成功するよう、先生は沢山の心配りをされて望まれます。
その恩恵に私たちは預かります。。


朝のヨーガの後は、次の「お流し」まで、休憩です。
定番は昼寝(笑)


昼過ぎには雨もあがり、虹がでました^^
20140404101159e34.jpg


夜は、お断食の感想をシェアする ”サットサンガ ”
この時間も大変貴重です。

今回、(というか、昨年も参加されてた)79歳の女性の方が
医者に薬を何種類も出されている。
医療費を若い人に負担してもらっていて、申し訳ない。
一つでも薬を減らしたいと思って、参加している。

とお話ししていたました。
このお年になっても、人任せにせず、周囲への配慮ができる方って
素敵ですね、ジーンときました。


本当は不要な薬をバンバンだして、
薬漬けにして、利益を出す。というシステムになっている
医療制度自体の問題だと思います。

病気の予防指導に、より点数がもらえるようになったら、
劇的に、治療方針は変わると思うけど。。。

まぁ、ないか。。
理想論をいってもしょうがないので、

「現実的に、今、出来ることをする」人が好きです。

合宿は2泊3日。
1日目 お断食
2日目 お流しと回復食1日目
3日目 回復食2日目
こんなスケジュールです。

3日目は、アシュラム(といっても、普通のお家ですよ^^)から車で
熊谷スポーツ文化公園」へ。

約1時間程度かけて、早朝散歩と瞑想。
2014040410233986e.jpg

気持ちよいです。
20140404101159ed2.jpg

花がたくさん咲いています。
これ、ニョロニョロっぽい(笑)
2014040410115909c.jpg

この桜の下で瞑想しました!
20140404102339085.jpg


目を閉じると、より光を感じることができるのが不思議。
(わたし半眼は苦手なんで、つぶりますw)


早朝散歩から戻ったら、美味しいお茶を頂き休憩。
お断食後の皆さんは、晴れやかですがすがしいお顔がそろってます!


その後はアシュラムの大掃除!

そして、回復食2日目。
一口30回の咀嚼を意識して食べました。
20140404101159e94.jpg


昼には解散です。


「日常のマンネリズムから離れる」ことも、お断食の重要な要素ですが、

今回は、身体はもちろんですが、
こころがすっきりしているのを、特に感じました。

「春のお断食」
おすすめです。

プロフィール

猫パンダ

Author:猫パンダ
アーユルヴェーダとヨーガと奥田民生な毎日です。

ブログ内検索
ブログランキング
応援の一押しお願いします♪
人気ブログランキングへ

FC2ブログランキング

最近の記事
リンク
このブログをリンクに追加する
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する