民生君ソロ20周年ライブ!

秋が深まってきて
金木犀の香りが強くなってきました。

日曜日は、「精油で作る自然香水講座」の第2弾が無事終わりました^^

授業風景をUPしてます→「こちら

先週は、民生君のソロ20周年記念のライブ。
ついにSMA有料会員でチケットゲット。
(今年初じゃね?)

いきあたり股旅
目黒パーシモンズホールに参加できました!

このホール。。。
検索かけると、
「目黒パーシモンズホール/中目黒GTホール」

って出てくるの。

てっきり、中目黒GTにあるホールかと思ったわけよ。。。
中目黒は昔の勤務地なんで、
地図を詳しくみる必要もなくって、すっかり思い込んだ!

当日、中目黒GTにいっても、それらしいホールがなくて
尋ねたら、、、
「今日5人目です」、、、と笑いながら
都立大学前のホールであることを教えてくれました。。。。

えぇぇ。
いま、開演前10分・・・。
間に合うわけもなく、でも都立大前からタクッたので
1曲聞けなかったぐらいで、済みました.。思い込みって怖い。

でも、同じような人が複数いるってことは、、、HPも分かりずらいってことよねぇ~。


さて、本題。
この20周年記念ライブ。
t1x

「いきあたり股旅」というネーミング通り
急きょきまったライブです。
あの広島の災害のあとに。


広島はフリーライブだったんですよね。
そこで来場者に樽募金を集めて、全額今回の広島の災害への寄付にあてること発表されてました。
あ~、民生君らしいなぁって思ってたんだけど。
(経費ふくめてもろもろ自腹じゃん)

東京は普通の有料ライブでしたが、樽募金が設置されてて
募金できました。
t2x


樽の前に、原田会長やスタッフの方が並んで募金をお願いしてました。
わたくしもバッサーと1枚いれさせて頂きました。

民生曰く「まさか、チャリーンなんて音させませんよね?」
「東京の人ってセレブだってききましたし」
とのたまってましたからー(笑)


ライブのMCで
結局、「東京でも収益を樽につっこみます」
民生君が言ってて。

さすが照れ屋さん。
募金ライブしますって大々的に言われたくなかったんだろうな~って思いました。

ほんと、民生君は郷土愛が強いな。

ライブは浜崎さんや、せっちゃん、スパゴーやっく。
ゲストとコラボして歌って。
楽しかった。

セトリ、広島とけっこう違う・・・。
ほんと、いきあたりばったり(笑)
CUSTOM聞きたかったんすけど、、、、まぁ、いいや。
こちらで我慢っ


20周年記念のライブがしたかったわけではなく、 (ほんとに、する気配なかったもんなー)
民生君の広島への思いがつまったライブなんだなーって思いました。


あらためて、民生君、ソロ20周年おめでとうございます!
ユニコーンが解散して、ソロの活動を待ちわびていた高校生の自分を思い出した(涙)

ロッキンの表紙で復活した民生君の赤いパーカー姿。
鮮やかに思い出せる(笑) たぶん実家に大切に保管してあるな、あれ。
かっこよかったな~。  
(いや、今でも私の目にはかっこよく映るのだがwww)

健康にはくれぐれもお気をつけてっっ。
素敵な歌を、これからも沢山届けてください。

LOVE


スポンサーサイト

秋の夜長で屋形船

先週末、屋形船にのりました。
スクールの先輩、お友達と。
3歳になるH君もきてくれて、とても賑やかで楽しい会になりました。


当日は、雲行き怪しく雨を心配でしたが、
朝から、S先輩と代々木公園に”ナマステインディア”へ

20140925163804117.jpg
テング熱のせいか、とっても午前中は空いてたよ~。

ヘッドマッサージのお店を出してた
スクールのお友達で美容師のSちゃんとこへ、遊びに♪
占星術も提供しているブースで、賑わってました^^

お昼はここで。
野菜のビリヤニうまし。
20140925163905835.jpg

適当なお店で適当に選んだトマトナスカレーは、
残念なお味でした、、、トホホっ。
201409251638510dc.jpg

その後、池袋へ”ルピシアの紅茶のお祭り”へ。
すごい種類の試飲ができて楽しいのですが、どこも人人人。混み混みです。

人ごみが苦手な私は、池袋で当てられ・・・ぐったり気味。
一日に予定を詰め込み過ぎるのは悪いクセでして、、、

ちょいグロッキーな状態で(笑)
いざ、乗船!
IMG_0966.jpg

屋形船の「濱田屋」さん。

お食事がオーソドックな天麩羅どーん、刺身の舟盛りどーん。
で・は・な・く、
豪華なコース料理メニュー♪

予約をいれようと思っていたら、すぐに満席状態になる人気の屋形船。
今回も1人追加をキャンセル待ちしてました^^ (無事、追加できてラッキーでした)


心配していた雨はすっかり上がり、
出発には美しい夕日が船内からみれました。
IMG_0973.jpg



その夕日に照らされ、、、
今度は虹が出現っ!興奮~。
IMG_0983.jpg


こちらはお食事。
どれも美味しいお料理ばかりでした^^
IMG_0977.jpg


近くのテーブルの方で、ちょうどお誕生日だった方がいらして
サプライズのお祝い。
バースデーケーキが登場して、船のみなさんで祝福。
ちょっと照れてらっしゃる奥様の顔がなんとも、素敵。

温かい気持ちが溢れた空間を共有できたのが
とても印象的で、何だか胸がいっぱい。
乗り合い屋形船、いいね。


みんな仲良く、秋の夜風を堪能~。(おしりが並んでかわいい♪)
川の上からの景色は目線が変わって新鮮です!
IMG_1031.jpg

Mちゃん
何だろう、この漂う空気感(笑) 絵になります。
IMG_1047.jpg


隅田川にかかるライトアップされた橋は見所の1つです。
IMG_1005.jpg

清澄橋近くに住むわたくしの家の近くを通るコースw
よくお散歩してるのよね~。


お台場のフジテレビ前で、船は停止して外に出れます。
夜景は、ちょっと派手目で
香港みたいできれいでした。
IMG_1058.jpg


秋風~ピッタ下げるなw
とっても気持ちが良い、最高っ!!


屋形船初体験のS隊長、Mちゃん、そしてH君。
Nさんもただの酔っ払いおじさんになってるしw
Aちゃんも、子供と一緒に楽しめたかな~。
みなさんご機嫌。

実行委員のわたくし、ほっと胸をなでおろすw
良かったわ~。

みんなでパチリっ。
IMG_1043.jpg


船のスタッフのみなさんの機敏な動き、
礼儀正しさ~、とても気持ちよく乗船させていただきました。
次も濱田屋さんにしよー。


秋の夜長は楽しまなきゃ~。


9月

9月は一番好きな月。
まぁ、誕生月ってのもありますが。
季節で一番好きなのが秋。

秋の入口、少し冷たくなって心地よい風や
虫の音が静かに聞こえる夜が好き。

さて、誕生日の当日。
普段はからまない上司も巻きこまれててww
打ち合わせ場所へいったら、お誕生日のお祝いサプライズ。

って、薄々気づいてしまってましたがー。
ありがとうございました。

もうこの先、きっと買わないだろうという
高級ケーキでお祝いいただきました。

"Sadaharu Aoki" のバースデーケーキ^^
cake_20140923184718374.jpg

お値段みたら、、、キャーっ。
ほんとに、すみません。。。

たくさんプレゼントももらって。
年を重ねるのも良いですなぁ~(笑)

姉からの
「もうすぐ大台ですね」
という、メールが一番心に染み入りました(毒)


感謝

ゾンネントアの生蜂蜜

とっても美味しい非加熱の蜂蜜を見つけたので
その感動を伝えたくって(笑)。 

IMG_0959_201409172219553cf.jpg

SONNENTOR(ゾンネントア)のはちみつ!!!!

オーストリアの蜂蜜です。
ヨーロッパのオーガニック認定を受けていて、
農薬・抗生物質も一切検出されないハチミツ。

先日、「みつばちの大地」という映画をみてきました。
世界規模で突然死するミツバチが問題となっていますが、
その原因を探るドキュメンタリー映画です。

農薬は、蜜をとる植物に散布する、というものですが
抗生物質に関しては、冬、ハチミツ取れなくなる時期、
ハチミツを取り上げたミツバチには、糖蜜に抗生物質を混ぜたものを
溺れるぐらい与えている。という衝撃の映像をみてしまい、愕然。

自然のままのミツバチは、様々な病気、害虫の被害にあう。
手っ取り早くコントロールするために、抗生物質を与えているらしい。
そして、それが更にミツバチが弱くなっていく原因に、負のループ。

この映画をみたあと、
ゾンネントアのハチミツ(少し前に何となく購入して、食べずに放置していた・・)をサイトで調べたら
なんと、冬の間もしっかりハチミツをミツバチさんに食べてもらっているそうで安心。

粗悪な蜂蜜が沢山出回ってしまっている現在は
非加熱だけでなく、Bio製品、オーガニックなのかにもこだわったほうが良いみたい。

さて、お味。「美味っっっっ止まらん」
ハーブを思わせる爽やさに、コクがあり奥深い味わい。更に滑ら!!舌触りの良さ♪
店員さんに伺ったら、蜂蜜を何度も混ぜ混ぜして、このクリーム状の滑らかさを出しているそうです。
丁寧に作られたものの味がする~♪♪

WIESEさんのサイトでも購入できます。
私は、表参道の”プリマヴェーラ”さんの店舗で、精油を買うついでに購入したもの。
ついでが、大ヒットです♪

9末まで(決算セールかな)、
わたしが購入したこちらの蜂蜜はディスカウントされているのでお安く買えるチャンスっ。
ご興味ありましたら是非。
店員さんも親切な方ばかりで、試食もできます。


ハチミツは、アーユルヴェーダを学んでからこだわってます^^
強壮剤として、毎日食べることがすすめられている有益な食べもの。

蜂蜜の効果効能はアーユルヴェーダでなくても、ググれば沢山の記述があります。
古くからその薬効の高さで、世界で頼りにされている食材の1つ。

でも、大切なことがあります。

それは、非加熱であること。
(せいぜい、45度ぐらいまででしょうか)

加熱していないハチミツを区別するため、
生ハチミツ。と呼んだりしていますね、最近。

ハチミツを加熱すると、消化できず、体内で毒となるといわれています。

これは、AGEs(終末糖化産物)の状態とほぼ同じ。
AGEsは、半減期が240日と、非常に長い間体内にとどまり(排泄されない)、
たんぱく質の糖化反応によって生成され、劣化たんぱく質として、ダメージを与え続ける。
今、老化を促進する原因物質として注目されています。

ハチミツは、ミツバチさん達が一度消化してくれているため
糖度の低いショ糖から、ぶどう糖と果糖に分解され、
巣の中で水分が蒸発し、糖濃度が高く、消化吸収されやすい状態となる。

高糖濃度で、すでにぶどう糖として分解されているハチミツは
加熱による変化を受けやすい状態とも言える。

更に、ハチミツには、さまざまな酵素が含まれている。
『ハチミツを摂取すると痩せる』とアーユルヴェーダはいい、『脂肪を削りとる』働きがあるとする。
これは、酵素の働きによるもの。

摂取した栄養を分解・吸収し、エネルギーに代謝していく過程では
様々ビタミン、ミネラル、酵素が必要になってくる。

5000年も前からその代謝に役立つといわれている蜂蜜。
たぶん、胃酸なんかにも強い酵素が含まれているじゃないかな?
ちなみに、ビタミンは、すぐに活用できる活性型ビタミンが含まれているらしい。

そんな代謝に必要な酵素だけど、原料は”はたんぱく質”である。
たんぱく質はご存知のように、40度以上の熱によって凝固しはじめる。

ハチミツを加熱することで生じること
(1)ハチミツを加熱すると、せっかくの酵素が働かなくなってしまう。
(2)高糖濃度のハチミツを加熱すると、糖分とたんぱく質(酵素)が糖化反応を起こしAGEsを生成する。

だからね。
加熱したハチミツは食べちゃダメ!!
ということが言いたくて、長々と書いてみました。

でも、たまにはカステラとか食べたくなる。
だから、そういう時は美味しく食べる(笑)

『たまには』が大切、『いつも』はダメ。
こういった身体に悪いと言われているものがアーユルヴェーダには
いくつかある。

・牛乳×塩味 or 酸味
・ハチミツ×同量のギー
・調理して3時間以上たった食事
・牛肉(無益)
・日没後のヨーグルト
など等~

でも、全て完璧には守れないですよね。
大切なのは、『常食』しないこと。つまりこれらを習慣的に食さないこと。
常に食せば、病気をひきおこすといいます。

ちょっと食べたくらいでは、病気になったりしませんのでご安心を。

だから、例えルールに反するものが出されても
ギャーギャー騒がない。
目くじら立てない。
上から目線で指導しない。

作ってくださった方に、食べ物に恵まれたことに感謝して
美味しく食べればいいのさ。


閑話休題
生ハチミツ。

アーユルヴェーダをはじめてから、沢山の生ハチミツを食べてきました^^

今回この日記タイトルにしたのは、
せっかくなので、今まで購入してきた生ハチミツの一覧(歴史)を作ってみる~。

今もこれぐらいあります・・・。
IMG_0964.jpg

雅蜂園さん」の蜂蜜。
2006年ぐらいからお世話になりました。この頃は非加熱蜂蜜はまだ注目されてなくって探すのに苦労しました。
色々な種類があって、選択肢が広がります。(オーガニックかは不明)

アルゼンチンの蜂蜜。
サイト見当たらないな~、なかなかよかった記憶。

こちらと同じような感じ。
マヒカ”という蜂蜜も購入しました。
味もしっかりしてて、コクがあり、クリーミーなのが特徴。

実店舗では、牛込神楽坂にある”PBeesさん
試食してから購入できます。蜂蜜好きなら行く価値ありです!
マヌカハニーをはじめとして、ニュージランド産のはちみつがとても豊富で楽しいお店。
マヌカも美味しい♪(けど、ちょい高め設定)

とっても美味しい国産非加熱蜂蜜、更に無農薬なら
ここがおススメ!まるでシャンパンみたいな芳しさです♪
札幌のスクール同期のYちゃんから教えて頂いた
"ラ・ターブルベールさん"
アーユルヴェーダの古典で蜂蜜がどう解釈されているかも詳しくHPにあり勉強熱心!

喉を含めて呼吸器・気管支が弱いわたしは、
改善のためマヌカハニーは、沢山取り寄せました^^
覚えてる分はこれくらい。。

ハンズさん
UMF20の蜂蜜が、それなりにお安く購入できます。
・NZHN社
・ハニーバレー社
2社扱っています。私は、NZHN社の蜂蜜が好きで喉の炎症用にUMF20のものを常備しています♪

ハニーマザーさん
オーガニックのマヌカハニーを扱っています。
美味しかったですが、お値段の関係で今はハンズさん。
蜂蜜だけを扱っているので蜂蜜への愛情が感じられます^^

ネイチャーランドさん
高活性マヌカハニーというのも購入しました(笑)
確かに、すっごい殺菌力がある気がしました。
しかし、強すぎてむせる(笑)
喉の炎症用には、強すぎたかな~。ピロリ菌除去には活用できそうでした。

ハニーグリーンベイさん
UMF25+のマヌカが割安で購入できるのが利点~。

マヌカヘルスさん
殺菌力の指針が異なってMGOであらわされています。
UMFとの対応表も掲載されてます。
先日、誕生日のプレゼントに会社の同僚から頂きました!
マヌカハニーっていいんだよって、よく勧めてたからw逆にプレゼントされてしまった!
ありがとう~。食べるの楽しみ。
※こちらは有名デパートでも良く販売してますが、Amazonでお安く購入できるみたい^^

iherbでも、オーガニックの生蜂蜜が購入できます。
→「こちら
私が購入したものは、3種類とも割と大味でした(笑)なんか、アメリカっぽい。。
お安く大量にオーガニックのハチミツが欲しい時はとても便利。
例えば、ハチミツの梅ジュースを作るとかね。

インドでは、ハンティングハニーというのがあります。
養蜂するのではなく、天然の蜂蜜。
まさに、ハンティングで採取する。

日本で購入できるのはこちら。
野生黒蜂蜜
近くのデパートでも販売してました。

以前購入した蕎麦の蜂蜜も同じように黒いのですが
お味も近いような。好き嫌い分かれるクセのあるお味。
しかし、何かに効きそうなお色です(笑)

スクールでも、校長先生がインドに戻られた際に、非加熱の蜂蜜を購入して
生徒向けに分けて下さってことがあります。
同じように黒い蜂蜜でした。
でも、お味はもっとマイルドで美味しかった。
(あ、いっちゃったwww。私蕎麦の蜂蜜は、ちと苦手でして)


最後に蜂蜜について、マニアなサイトが!
ここまで調べてらっしゃるなんて、相当な愛を感じました^^
ぜひ、チェックしてみて下さい→「はちみつマニア

私は、喉の炎症予防に。ちょっとイガイガすると思ったら即、舐めます。
喉の不調は激減しました。

胃がん家系で、逆流性胃炎気味な母には
マヌカのUMF25~30を、毎朝、起床時に食べてもらってます。
体調が良いそうで、気にってもらえて1年近く続けてくれています。
これで、予防できるなら安いもんです。

ぜひぜひ、良質で美味しい蜂蜜に出会って健康管理に役立てて下さい~。


セルフでヴィレーチャナ2014年~中央処置とその後~

いよいよ中央処置日です。

13日の帰宅後、セルフアヴィヤンガ(オイルマッサージ)をして
夜、10時過ぎに開始。

先ずは、こちらを内服
IMG_0943.jpg

冷搾ひまし油を30ml
ハリータキー 小さじ 1/2
トリファラ 2錠

ひまし油は、日本でも催下剤として使われています。薬局でも購入可能。
ちょうど、未精製の冷搾ひまし油があったので、使用しました。
ハリータキーは、トリファラにも入っている薬草ですが
一番、催下作用が強いハーブなので、単独でも利用しました。

ひまし油、めちゃくちゃ苦手です・・・。
今回は、牛乳を口に含んでおいて、ひまし油を飲んだので、
うまくいきました^^
でも、げっぷするとひまし油臭い・・・。
昨年の薬用のニームひまし油は独特のにおいがなくって、飲みやすかったな~。

その後、コップ一杯のぶどうジュースを飲んで就寝。

ぶどうジュースというのは、レーズンをミキサーでジュース状にしたものです。
ぶどうは、排便を促すとても優秀な果物です。今回も排泄を助けてもらうため飲みます。

一晩水につけておきます。
500gに対して、2リットル(4倍)程度の水加減です。
IMG_0938.jpg

ブレンダ―でつぶします。
IMG_0940.jpg

最初は甘くて美味しい(大量過ぎてだんだん、嫌になるけど・・・)

就寝後、夜中の2時くらいに腹痛で目を覚ます。
ここから、排泄スタート。
30分程度の間に数回もよおし。
その後は、6時までぐっすり。

再度、腹痛っぽい感じで起きて、排泄。
こんな感じで、数時間ごと、早いと数十分程度に間に排泄を繰り返します。
そのたびに、ぶどうジュースで水分補給。

夜中の排泄、大変そうですが
意外と眠れて、大丈夫でした。

昨年、朝ひまし油を飲んで、排泄がはじまらず、ちょっと不安になったりしていましたが、
今回は睡眠中に、その時間が過ぎていって、かえって楽かもです。

こんな感じで排泄を13時ぐらいまで続けるとだいぶ落ち着いてきました。

一回ごとに、何時何分、どんな状態か色か臭いは?感想などを記録していきます。
昨年の記録を読むと、自分がどんなペースなのかが分かり、目安がつかめます。
記録って大切ですね。

昨年は、ぐったりしていましたが
今年は、そこまでではない。

これぐらいがちょうどよいのかな?
14時過ぎに用事があり、外出。外出先でも、ぶどうジュースを飲んでいました。
夕方帰宅。

最後にとぶどうジュースを飲むと、また排泄がありました。
白いものが出てきた。
数十分後も排泄、また白いものが。

これが、噂のカパか????

ヴィレーチャナはピッタの排泄を目的としますが
最後には、カパも出てくると言われています。

去年は、よくわからないで終わったんですよね~。
とりあえず、今回のはカパだと思ってます(笑)

トータル15回程度の排泄がありました。(短時間で重なったものは1カウントにしてます)
ほどよく、中程度の浄化となったようです!
うん、いいんじゃないかな。
身体はとても軽い。足取りも軽い。

もう遅くなっていたので、その日はそのまま就寝。
翌朝から回復の食事をスタート。

先ずは重湯からです。
image_201409152000289dc.jpeg

これで十分と思える。
胃腸が浄化されているからでしょうか。

この後、昼食をとれず、夕方まで過ごしましたが
何故かお腹はすかず。
この1杯の重湯で身体が満たされていました。

会社で、しょっちゅうお菓子を食べちゃう毎日が、こうも激変するとは・・・。
身体も綺麗になって嬉しいよね。
いつも、ごめん・・・。
お菓子なんて、要らないのよね、本当は。

この日の夜は、お粥に少量の野菜をいれて食べました。

浄化療法は、病気ではない健康人が行う場合は
ラサーヤナ(若返り)のため、そして病気の予防が目的となります。

「汚れた布にいくら染色してもうまく染まらないが
綺麗な布に染色すれば、うまく染まることができる」
と、クリシュナ先生はおっしゃいます。

人間も同じで、浄化療法によって、身体の中を綺麗にしてから
ラサーヤナのための、ハーブや薬をとっていきます。
そうすれば、それらがよりよく働くことができるからです。

ラサーヤナ(若返り)のために、今回は舐め剤(ジャム)をとります。
それに加え、以前作った冬瓜の舐め剤も。

飲むタイミングは空腹時。
起床してすぐにとるのが理想的。

チャバナプラーシュ。
すでにお爺さんの風貌だった聖者がこれを舐めて、結婚して子供をもうけたという
THE若返りなジャム剤です。
主成分は、アムラ(アーマラキー)。強力な抗酸化作用でピッタの緩和剤。和名は余甘果。

IMG_0955.jpg
いつもは、ヒマラヤ社のものを食べていましたが
今回は、ORGANIC INDIA社のものにしました。美味い♪
両社とも美味しいですが、ヒマラヤ社は酸味が強くて、ORGANIC INDIA社は、マイルドでコクが深い。
これを牛乳と一緒に摂取。

舐め剤は牛乳ととっているため、
朝食は、これぐらいでいいのかな。

牛乳は塩、酸味と組み合わせるのがNGなんです。
普通の食事はすぐに食べれません。

あとは、数日はお粥的なもので過ごす予定です。

体重は3キロ近く減ったかな~。
これが、すぐ戻るんですよねぇ、食べれば。

痩せることが目的ではないので、いいんですけど。

もちろん、キープしたい気持ちもあるけど・・・、あまりに小食を続けると
消化力がそれに慣れてしまい、消化力自体が落ちてしまから
たべなさすぎも要注意。
消化力は代謝力。つまり基礎代謝が落ちて、かえって太るわけですね、、、。

浄化療法は、身体の生理機能、もっと深い部分では細胞単位で
エネルギーの流れがスムーズにいくようになる。

無理せず、じょじょに食事を戻していきます~。

これが、難しいのよね。
アーユルヴェーダの施設だと、出てきた食事を食べればいいんだけど。
自分で選べちゃう。という・・・・。
セルフ・ヴィレーチャナで一番難しいのは
実はこの回復食の期間だと思います。
お断食と一緒だね~。(お断食も断食自体は簡単)

ここで精神力が試されます・・・。
これを誤ると、いわゆる「知的過失」というアーユルヴェーダの病気になる原因の1つとなりますので
ここが頑張りどころです!

一年に一回、健康の為に浄化療法するのがおススメらしいです。
インドにはそうそういけないから、自分でやってみるのも
楽しいですよ。

わたしは昨年も自分の誕生日に向けて、この浄化療法をしました。
1年の汚れを落として、次の一年に向けた活力を得るため。

1年の汚れを落とすわけですから、短期ではできません。
今年も、消化法から含めると半月、15日程度かかりました。
その分、達成感もあり~、体も軽くなって、エネルギー効率が上がった感じがします。

まだまだ、やりたいことは沢山あります。
でも、身体が資本ですから、
先ずは「自分を丁寧に扱う」、これが大切。
浄化療法は、自分と丁寧に接する時間になりました。


浄化療法には食材、ハーブ、そして知識、沢山のものが必要です。
無事に終えられたこと、
すべてに感謝。

セルフでヴィレーチャナ2014年~発汗法とアシュヴィニ~

本日、ヴィレーチャナ(催下法)発汗法3日目です。

この3日間。
早めに起床して、スマーティという遠赤外線ドームサウナを設置し
油類を集め、セルフでオイルマッサージ。
ヘッドからフェイス、全身くまなくマッサージ。

その後、20~30分、ドームサウナに入って、しっかり発汗。
目はピッタの部位で、熱が溜まりやすいので、コットンで牛乳パックして守ります。


朝からしっかり代謝を上げたので、体軽い(笑)
足どり軽やかで、微妙に体重も減ってきてます。

アヴィヤンガ(オイルマッサージ)いいねー。(人にやってもらったら最高だけど)
効果を再確認。

食事は、引き続き
消化に軽く、負担にならないもの。
渋味は控えるべきものなので、お茶とかコーヒーはNG。
複雑な料理より、シンプルに調理されたものが良い。
こんなところ。
和食を腹七分目ぐらい、しっかり咀嚼して食べればOK。
特別なことは必要ないです。

菜食気味にすると、本場のインドの治療施設みたいで、より良いのかな。
以前行ったインドのIVACというアーユルヴェーダ施設は、オール菜食でした。

わたしの場合、大好きなコーヒーを抜いているので、そこが辛い・・・。



今日は、「アシュヴィニ」という日の「ナクシャトラ」の日です。
ナクシャトラは月の軌道を27分割したもの。(本当は28あったが、1つは修行に出たとw聞きました)
中国だと星宿といったりします。

ナクシャトラは、その日がもつエネルギー、パワーの性質を表しています。

27の中で、第1のナクシャトラ、アシュヴィニの日。
アシュヴィニというのは、インドの神様で「アシュヴィニ双神」といわれ、双子の神様です。
アシュヴィニ双神は、「神々の医者」をしています。

アーユルヴェーダの智慧は、神々から授かったもので
ブラフマー神からはじまり、智慧が継承される流れの中に、アシュヴィニ双神もいらっしゃいます。


ナクシャトラである、アシュヴィニの日も、
健康に良いことや、治療をするのに適した、癒しのパワーがある日です。

パンチャカルマ(浄化療法)をするとき、
中央処置日にあたる日は、こういった治療に適している日を選ぶほうが好ましい。
※アシュヴィニ以外にも適して日はいくつかあります^^

アシュヴィニの今日、会社を休んで中央処置日にするつもりだったのですが、
休めん。となりまして(涙)

え~、、、、と、へんこんでおりましたら。

中央処置のひまし油を内服する時間が、午前中の10時ぐらいにするやり方と
夜の10時にする方法、どちらもあることを知りました。


1日のうちピッタの時間帯というのがありますが、朝、夜の10時というのは、
どちらもピッタの時間帯がスタートする頃になります。
ヴィレーチャナは、過剰となったピッタというエネルギーの排泄を目的とするため
ピッタが増えた時間帯に行うと、出やすくなっている。という理論なんです。


さて、アシュヴィニの中央処置。
朝はあきらめた私ですが、夜の時間帯であれば、会社から帰宅してからで可能!!!

本日の夜から、もう一度軽めのセルフアヴィヤンガを行って
いよいよ中央処置に挑みます!

どんな変化を感じるのか楽しみです。



つづく


セルフでヴィレーチャナ2014年~油剤化4日目と重陽の月~

今宵は重陽の月を愛でる。

近所の公園を散歩。
美しいお姿~。
IMG_0916moon.jpg


さてさて、本日は油剤化4日目。
今朝は90mlをぐいっと飲む・・・。(6時半ぐらいに)
き、気持ち悪い。

口の中いっぱいに広がるギーの香り。
しばらく、吐く息がギーの匂いでいっぱい、
そして、油っぽい感じが続く。

12時過ぎ、やっと消化されてきたような感じ。
14時に食欲がでてきたので、昼食をとる。

その後調子にのって、甘いお団子を複数食べたら
効果てきめん!急に、頭が重くなり、鼻がつまりだす。

や、やばい!

浄化療法中の食事は、あくまでも消化に軽く、身体の負担にならないものを腹七分目。
猛省。。


今日は重陽の節句。
9月9日。
9が重なる日。
陰陽の陽である、奇数が重なるかららしい。
陽のパワーが強くなる。

しかし、秋の月見はアーユルヴェーダ的には
冷性をもつ月によって、夏に蓄積した火のエネルギーを、緩和してくれる。
さらに今日は満月で、強く輝く光は、そのまま、強い月のエネルギー(陰)でもある。

ならば、今日見る月は
まさに、陰(月の力)陽(暦の力)のバランスがとれてるんじゃないかな。
なんて、思ってみたりする。


さて、明日からは発汗法に入ります。
朝からセルフ・アヴィヤンガっ!
頑張ります。




セルフでヴィレーチャナ2014年~油剤化~

ヴィレーチャナ日記(2)です~。
(1)は→「こちら」


消化法が終わり油剤化に順調に進みました。
本日は、油剤化3日目です。

油剤化というのは、薬用ギーもしくは、ギーを飲んでいきます。
今年は以下の量を予定しました。去年より1日多めにして様子をみようと思います。

1日目:25ml
2日目:50ml
3日目:70ml
4日目:90ml

昨年はこの油剤化が辛くて辛くて。
初日から、ひどい頭痛に悩まされました。
油質が消化されていく段階で、出てくる症状なので仕方ないらしいですが。

今年も、恐る恐る実施。
朝、起床したら こちらの薬用ギーを↓をグイっと飲みます。
IMG_0902.jpg

あれれ???
全然、頭痛にならない。
何でだろう?
昨年と何が違うのかはわかりませんが辛くない。

今日も頭痛がなくて、とても順調な3日目となっています^^
明日は、ついに90mlの日なので、ハードル高くてドキドキだけど。

そして、口腔中の感じが少し変化してきました。。
ネバネバとも違いますが、、
ちょっと匂いとか(悪臭とも違うけど)

だんだん、身体の中が油質化されてきたみたい。

それと、リコリスの薬用ギーを使ったおかげで
喉のイガイガがとれて、声の調子が良いです。


リコリス(甘草)は、インドではヤシュティーマドウ、とかマドゥカといいます。
ヴァータとピッタを下げる効果があり
眼によく、肌色をよくし、声をよくする、強壮剤であり強精剤。
脳の働きまでよくする、素晴らしい薬草です♪


色々な効果がある薬用ギーですが、
油剤化のポイントは
飲んだ油が、消化されるまで待つこと。
それまで、食事はしません。
だいたい、昼過ぎてから、やっとお腹がすきはじめます。

ギーを消化した後の食欲は、とっても強く感じます。
ギーはアグニ(消化力)を高めるといいますが、本当ですね。
こうやって、実践の中で検証できるのが面白いです。


油剤化に使った薬用ギーですが、どんな効果を望むかによって
組み合わせる薬草が変わってきます。

ピッタを下げる効果をよりUPするため、リコリス(甘草)をチョイスして
薬用ギーを作ります。
詳しい作り方は→「こちら(昨年のブログ)

薬用ギー、手間ひまかかるし、普段は作らないので
いつも、どうするんだっけ?って思い出すのに時間がかかります(笑)

こうやって、ブログに詳しくUPしておくと
自分的備忘録になり、とても便利~。

今年は、発酵バターで作ったので、何だか香ばしくって美味しい香り~♪

作り方のコツは、容量計算です。

先ずは、必要なオイルを計算する。(油剤化時に内服する油の合計)

例えば、250ml程度必要とすると・・・
普通のギーは300~350ml程度用意する。
(煎じたり、漉す段階で減っていくので)

300mlに対して、4倍の煎じ液が必要になるので
煎じ液の量:300×4=1200ml

煎じ液の出来上がりが1200mlということは、

煎じ液の作り方は
煎じるものの(薬草、木、粉)の状態にもよるのですが
煎じにくいものなら、煎じるものに対して8倍程度の水
煎じやすいもの(粉)なら、煎じるものに対して4倍程度の水

今回は、圧力鍋も使って抽出するので4倍としました。
(前も書きましたが、圧力鍋を使うと重さがでちゃうので
本当の病人に対する治療だったらNGです)

圧力も5分程度かけて、
あとは急冷させて圧を解き、蓋をあけて
その後、4分の1になるべく、煮詰めていきます。

出来上がりを1200mlにするわけですから
1200ml(容積として)のリコリスに
4倍の水(若干少なめでいいかな)4800ml。
これを4分の1まで煮詰めます。
あれ、違うんじゃ・・・ってなりますが、リコリス体積なんで、あまり厳密にならなくっていいです(笑)
出来上がりが1200ml必要!ってのが大切です。

こんな感じで、必要な分量を決めていきます。

作るのにけっこうな時間かかるので(うーん、4時間程度かな~、もっとかな?)
消化法をやっている期間に作っておくと良いです。



つづく

セルフでヴィレーチャナ2014編&消化法

昨年も行いました、セルフヴィレーチャナ。

今年も実践中ですっ。

ヴィレーチャナは催下法と訳されています。
主には、ピッタのエネルギーを排泄するための浄化法です。

本来は、アーユルヴェーダの病院に入院、施設に宿泊して行う
滞在型の治療法です。

それを、普通に働きながら自分でやろう。
というのがセルフヴィレーチャナです。


というのも、
アーユルヴェーダのメインの治療方法である
パンチャカルマ(浄化療法)は5つ。
・催下法
・催吐法
・経腸法
・経鼻法
・瀉血法(これは、いれずに油剤経腸法と煎剤経腸法に分けて5つの場合も)

この中で、ギリギリ、セルフ(自分で)できるのは
催下法ぐらいなんです。

夏の暑さで体内に溜めたピッタ。
そもそもがピッタ体質なわたしは、ただでさえピッタ蓄積傾向が強い。

こうしたドーシャが蓄積、悪化しているときに排泄するのが浄化療法。
ピッタドーシャ排泄に効果を発揮するのが「ヴィレーチャナ」です。

さらに、これらの浄化療法を行うことによって、
・消化・代謝力を高め
・ピッタドーシャによって引き起こされていた症状の緩和
・健康の増進
・感覚器官や運動器官の機能がよくなり
・精神力・知力が向上
・色艶がよくなり
・体力が増進
・アンチエイジング
などなどの効果が望めます。
いいことづくめ~♪

また、妊娠を望む場合も、こうした浄化療法によって一度、体をクリーニングしてから
薬草をとることで、それらの効果が高くなるためすすめられるものです。


ヴィレーチャナ(催下法)の大まかな流れ。

(1) 消化法3~7日・・・本人のアーマ(未消化物)の状態に合わせて加減。事前準備。

(2) 油剤化3~7日・・・本人の消化力、バラ(力)に合わせてギーを飲む

(3) 発汗法3日・・・オイルマッサージ(アヴィヤンガ)+発汗

(4) 中央処置日・・・中央処置の前にオイルマッサージと発汗法を行い、催下剤を飲む

(5) 後処置・・・無理をせず養生する。食事は消化によく軽いものからスタート。

アーユルヴェーダでいう、体内の毒素は
油性をもっていると考えています。
ゆえに、油性の毒を、油にとけこませ、胃腸管に戻し便として排泄させる。

排泄したいドーシャが多くある場所の近くから排泄せるので
胃の下方であるピッタは、下方から排泄することになります。
ちなみに、胃の上方であるカパは、上から、つまり、口から吐きだすことになります。


では、どんなふうに進めているかというと・・・

第一段階の消化法ですが、
8月末にお断食の合宿で、アーマ(未消化物)はけっこう改善していたのですが
消化力が落ちていたので、消化力を上げるべく、、、

昨年も作りましたヒングアシュタカチュルナを今年も手作りして、
調味料として使用したり食後に飲んだりしていました。
IMG_0878.jpg


また、お茶はクミン茶をつくって、ちびちび飲んでました^^
また、適度な運動も効果があります。

ヒングアシュタカチュルナの作り方は→「こちら(昨年のブログ)


これを続けて、胃腸の消化不良感もなく
身体の詰まりもないようであれば、
いい状態といえます。

今年は、5日間かけてこの消化法を実施。
わりとゆっくりヴィレーチャナに向けて、体調を整えました。

つづく

ヨーガとお断食合宿inみずがき山リーゼンヒュッテ

先週の金曜日から日曜日まで、2泊3日で
山梨県の北杜市にある、みずがき山リーゼンヒュッテで
「ヨーガとお断食」合宿に参加してきました。

今年は、3月にも参加したので、2回目のお断食合宿。

最近、小旅行を繰り返してるように思いますが。。
こちらは、旅行というよりプチ修行ですw
(自由時間とか、ほぼ、ないです)


3月は、熊谷のアシュラムが会場でしたが、
今回のリーゼンヒュッテは、湯治の場である「増富の湯」があり、

初日は合宿参加前に増富の湯へ立ち寄り♪
2014090213043801f.jpg
25度、30度、35度、37度と4種の温度の湯があり、
ピッタ体質で長くお湯に入っていられない私でも
軽く1時間は湯に入れます。
とてもお気に入りの温泉です。

リーゼンヒュッテ」と「増富の湯」は提携していて
リーゼンヒュッテに宿泊すると、増富の湯には無料で入浴できます。

今回は、このみずがき山のパワーをたくさん頂いた合宿になりました。

<1日目>
水以外の食を絶ちます。
ここでは、お断食の講義
午後は、楽健法を皆でおこないます。
楽健法は、足を使って体を刺激する方法。
フーレセラピーとも言われてます。

<2日目>
雨で散歩は中止になり、歩く瞑想の実習や、プラーナヤーマ、ヨーガ実習
そして、腸に溜まった老廃物を「お流し」をします。
お流しには、梅湯と生野菜を食します↓無農薬のお野菜はとても美味しい。
201409021303242e3.jpg

その後は、旬の果物とチャイ。
「このチャイが美味しくって参加しています」という人多数っ(笑)
2014090213162207b.jpg

お流し終了後、増富の湯に入浴♪

夕方は、感想などを言い合うサットサンガ
201409021303240b9.jpg
皆さん1人1人、思い思いにお話する場。
ヨーガをする仲間で作るこの時間、全て受け入れてくれる場であり。
この思いを共有する時間が、こころの癒しの場になっていると、毎回思います。

<3日目>
早朝散歩、瞑想、ヨーガ実習
散歩後のチャイ。
そして、昼の「復食」
20140902130324630.jpg

合宿の総括
復食期間の注意点や疑問など。

解散!

こんな流れになります。

3日間雨の予想でしたが、
雨はそれほどひどくならず、
ここぞという時には止んでくれました。

おかげで、2日目は、赤川(通称?)という
陰の性質と陽の性質をもつ2つの川が交わる、エネルギーの強い場所へ
みなさんで行くことができました。

標高1000メートル地点の川は、けっこう冷たくて・・・
まさに修行っ。
201409021301088b0.jpg

足でいっぱいいっぱい、滝行は、絶対無理だなー。
と思いましたが、だんだん冷たさは気にならなくなり
むしろ、気持ちよくなっていきました。

みなで手をかかげて、よいプラーナをとりこみましたが
矢のようにエネルギーが手に当たった方が複数。
わたしも、心臓にどっくんときました。
(強いエネルギー感じると、私はいつもそうなります)

ここで祈ったマントラで、初めて涙が出てきたと同室の女性がお話ししてくれました。
(マントラを唱えて泣いたことはなかったのに)
まさに、浄化の瞬間なんだと思う。

3日目の早朝散歩。
けっこう寒くて、モッコモッコの厚着ですw
2014090213032477b.jpg
遠足みたいでしょ?

最近、ヒュッテの敷地で見つかったという、
弁財天様をお参りしました。
201409021303248d7.jpg

今回の合宿、この弁才天様の存在感が大変ありました。
なんともおやさしいお顔。

その先には、美しい清流の流れがあり、少し開けているので
皆で瞑想して過ごしました。
201409021304381ac.jpg

今回の川原田先生のお話でとても印象に残ったのは
「人は誰でも試練の時がある」ということ。
そこで、駄目になるのか、神に試されているときだと、頑張るのか、、、

先生は、今回の合宿が「これが私の試練です」とおっしゃっていて
とても、大変なことが重なったものの
それを、お顔にも出さず、凛として普段と変わらない姿に
先生の覚悟を感じました。

みずかぎ山一帯の場のもつ力
皆が集まったことによる力
師の力
すべてが重なって、とても穏やかなよい時間がすごせました。

お断食は、体の健康のためでもあり
精神の再生のためにもなり
霊性の修行でもあり

お断食とヨーガが結びつき、全ての調和を図るものになるんだと
今回は強く感じました。

帰路の韮崎駅のホームで
太陽が光が美しく、何気に写真を撮りました。
2014090213032461f.jpg

よく見るとその先には観音様がいらっしゃって、びっくり。
この3日間の癒しを与えていただいた慈悲の象徴のようでした。


感謝

プロフィール

猫パンダ

Author:猫パンダ
アーユルヴェーダとヨーガと奥田民生な毎日です。

ブログ内検索
ブログランキング
応援の一押しお願いします♪
人気ブログランキングへ

FC2ブログランキング

最近の記事
リンク
このブログをリンクに追加する
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する