スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬至のハーバルキャンドル作り

こんにちは。

すっかり年の瀬。
仕事納めで、お正月準備をされている方も多いのでは?

わたくし、30日までお仕事でして
残念ながらまだ納まってないです(笑)
通勤電車がガラガラ~座れます。

今では、元旦から営業するお店もけっこうありますし、
入院患者がいらっしゃる病院関係の方は休めないですし、
お正月休みがあるだけでも感謝ですよね。


さて、冬至は皆さんどのようにお過ごしでしたか?

私は、午前中休む、半日休暇を頂いて
日吉のトトラボさんで、キャンドル作りに参加しました。

日の出に合わせて散歩にも参りまして
昇る太陽に向けて、ガーヤットリーマントラを詠唱しておりました。

写真は撮らなかったので、これは翌日の太陽。
冬至翌日は、いよいよ太陽が復活して日が長くなる初日なので、この日もマントラ詠唱。
IMG_1838.jpg
ただただ、美しい。

その後は、トトラボさんへ。

『クリスマス企画〜聖なる夜に灯すキャンドルづくり
〜植物の色と香りでジェルキャンドルを作ろう!〜』


こちらの講座に参加いたしました。

むか~し、ミツロウを使ったキャンドル作り講座に参加したことがありましたが
ジェルキャンドル作りは初めて。
しかも、植物色素で彩色するなんて、興味津々です。

先生の作品↓
IMG_1752.jpg
素敵ですよねー!
これをみて参加したくなっちゃいました。

講師は、キャンドルアーティストの岡崎先生。
ご自身のキャンドル工房でも教えてらっしゃるそうです⇒「キャンドル工房Y3ブログ

ジェルキャンドルのベース↓
c2_2014122922575205b.jpeg

こちらを鍋にいれて熱を加えて液化させます。
c7.jpeg

そこに植物から抽出した色素(油で抽出)をいれます。(油なので混ぜてOKなんですって)
ca.jpeg
赤は、紫根やセントジョーンズワート。黄色はウコン等々。
綺麗な色がでています。
濃い青はジャーマンカモミールのアズレンを使う、贅沢さ。
色素同士を混ぜて、新たな色も作れます。

着色して溶かしたジェルキャンドルはバットへ移します。
c4_20141229225750999.jpeg

ある程度冷めたら、手でちぎってまとめます。
c3_201412292257519f8.jpeg

私は日昇の空のグラデーションを作りたくって、うす~い赤色を作りました。
少し冷ましてから、精油を混ぜたので、色素だけじゃなく、香りも天然。
アロマキャンドルにもなります♪
c8.jpeg
この赤には、ちょっと大人な女性をイメージしてイランイランを加えました。ムーディw

キャンドルを入れるグラスの底には
ハーブを用いて、思い思いのデザインへ。
c6.jpeg

うーん。。。結論としては、ギュウギュウにいれないほうがいいみたい(笑)
もうちょっとマリーゴールド少なくて良かった。


クリスマス前なので、
スターアニスをいれると星型が映えてかわいいです。

ハーブ部分には、基盤となるように最初のジェルキャンドルをいれます。
その基盤が固まったら、キャンドルの芯をいれて、グラデーションのキャンドルを
重ねていきます。ハーブ部分に火がつくと、ススがでてしまので
芯をいるのは、ハーブより上の部分からだそうです。ここがポイントかな。


みなさんの作品一覧です!
c5_20141229225909b31.jpeg
情熱的な赤もいいですね!

私の作品は・・・
こちら。
ジェルキャンドル以外にもパラフィンキャンドルも作らせていただきました。

IMG_1855.jpg

日の出を表現できたかな?
hi.jpg

イヤイヤ(笑)修行が必要なようです・・・。

クリスマス用におすすめでしたが

私はその夜の、冬至の瞑想に使わせて頂きました。
IMG_1817_20141229230746322.jpg

炎に照らされたグラデーションがほんのり分かる
素敵なキャンドルです。

香りもしっかり残っていて、各層ごとに香りが異なるので
アロマのニュアンスも楽しめますね。

楽しかった~。
ジェルキャンドル作り、はまっちゃいそう。

お蔭で良い祈りの瞑想の時間がもてました。


ありがとうございました。


スポンサーサイト

抽出油作りとハーバルレシピ

色々、植物療法な日々。


先日、日吉の植物療法の学校、トトラボにて。

「基本の製剤作り」講座第3回目は”抽出油”作りでした^^

昨日、北海道から届いたばかりの
トドマツ(モミ)を使用。フレッシュな香りが素晴らしい。
IMG_1725.jpg

切ったトドマツを無水エタノールで
色素抽出。
その後、湯煎にかけてアルコール分を飛ばします。
この抽出方法、はじめてです。
クロロフィルはこの方法が一番効率よくとれるそうです。
手間暇かけただけあって、綺麗な緑色です!
IMG_1735.jpg

少しだけ残ってしまうアルコール分も、しっかり分別します。
IMG_1746.jpg

こちらは紫根油作り。
IMG_1730.jpg

紫根は美容にも良い成分で注目されていますね。
贅沢~♪

とてもビビッドな赤色が抽出されました。
IMG_1742.jpg

期せずして、クリスマスカラーの緑と赤の抽出油です。
IMG_1747.jpg


午後は、続けて『二十四節気のハーバルレシピ』に参加です。
二十四節気の年中行事の意味や暦について勉強、面白いな~。
日本ならではの風習に根付いた暦。
知れば知るほど、大切にしていきたいなと思います。

お屠蘇リキュール作り。
IMG_1768_201412232200255bf.jpg
お屠蘇に入る漢方の材料を、同じような働きをするハーブに置き換えて作りました。



トドマツを使ったグリューヴァイン作り。 
IMG_1758_201412232200264b2.jpg

トドマツ入りっ!!
IMG_1763_2014122322002475d.jpg

た~~~っぷり入ったシナモン!
村上先生が、勢いよくぼんぼんいれるんで面白かった(笑)
IMG_1775_201412232200225fa.jpg

ほんのい香るトドマツと、しっかりとしスパイス感でとっても美味しかったです。
IMG_1776.jpg

完成品~。即席でトドマツのチンキ剤も作成♪
IMG_1780_201412232200218c6.jpg

お外へ、クリスマスのリース素材探しのお散歩も。
IMG_1773.jpg

思わず。
美しい夕焼けに遭遇しました。神々しいです。
IMG_1774.jpg

リースって。お金かけずに作れるんですね。。。
かわいい素材が、たくさん在りました。
IMG_1782_20141223220020451.jpg




植物の恵みって素晴らしい。



感謝


2015年の1~2月の講座ご案内

こんにちは。
急に寒さが厳しくなりましたね。
風邪には注意~、通勤電車でマスク手放せない毎日です。


昨日、実家から柚子が届きました。
c1_2014121623475780d.jpeg
毎年おくってくれます。
冬至湯用に小さいものもいれてくれます。
感謝。幸せですね~。

先日、日記にしました
「アーユルヴェーダを毎日の食卓に」の出版。
友人・知人からお問合せ頂きました。ありがとうございました。
今まで、アーユルヴェーダを知らなかった方に興味をもって頂けて本当に嬉しいです。

さてさて、
そんな嬉しい反響も頂いて
せっかくの機会なので、アーユルヴェーダの食事に関係した講座を
来年行うことにしました。
年明け、冬太りが気になる頃ですので、冬太り解消と食事がテーマの講座です。
《日時》
1月25日(日) 10:00~13:00 
冬太り解消

こちら以外にも
アーユルヴェーダ初心者向けに
『ドーシャ体質理論』講座も行います。
《日時》
2月11日(祝・水) 10:00~12:30
ドーシャ体質理論

同じ日に、アロマ(精油)とドーシャをテーマにした
『自然香水作り講座』も行います。
《日時》
2月11日(祝・水) 13:30~15:00
ドーシャ香水講座

そして、憂うよりもアクション!
『脳の代謝アップで認知症予防』講座。
もてる知識を総動員して、様々な予防ツールをご提供します。
《日時》
2月21日(土) 10:00~15:00 ※1H休憩

脳の代謝アップ

ご興味がございましたら
yn.hasta@gmail.comまでご連絡下さい。

ご参加お待ちしております。


『日本の野菜研究会プロジェクト』終了

NPO日本アーユルヴェーダ研究所の支援により発足しました
「日本の野菜研究会」のプロジェクトが無事、終了しました。

これが正式名称だったらしい(笑)
「食材の会」という名前で、日記にも何度か登場しましたプロジェクトです。

アーユルヴェーダ的な食事というと、インドのスパイスを沢山使わなければいけないと思いがちですし、
巷にあふれる本も、そういったものが多いです。

しかし、アーユルヴェーダの智慧は本質的なものであり、
その土地土地の気候に合わせて使っていけるもので、
日常の食生活において、特別なハーブやスパイスが必要なわけではない。

『食べなれた日本食の中でのアーユルヴェーダを提案したい』
それこそ、日本でアーユルヴェーダを普及していくツールになる。

その為には、スーパーで購入できる、普段使いの野菜を対象に
アーユルヴェーダ的にどんな働きがあるのか、研究していこう。
そんな発起人である及川先生の純粋な思いがつまったプロジェクトでした。

そして、この考えに共感した
日本アーユルヴェーダスクールの生徒さんを学年に関係なく募りました。

私はそんな高尚な思いはなく(笑)
何とな~く面白いかな?ぐらいな気持ちで参加です。

2013年の6月にメンバーの顔合わせを行いました。
『はじめまして』の方も多く、ソワソワしたのを思い出します。

最初は試行錯誤が半端なかったな~(笑) 手探りというのを絵にかいたような状態でした。
それでも、色々なバックボーンのある多才なメンバーに恵まれた会。

スケジュール管理を完璧にこなす元秘書さん。
彼女の存在が無ければ、会が順調に船出することもなかったでしょう。
レシピ開発にも、料理講師の方や日本の伝統食を研究する方、
テキパキと記録管理を進める縁の下の力持ち。
こちらがびっくりするぐいらいの物凄い情報量をまとめる情報班。

そんな皆さんの力でどんどん、良い方向に変化していったと思います。


研究の内容は、けっこうスケジュール的にもボリュームもハードなもので、、
途中、私は「もう、これは仕事だ!」と思うことにしました。。

それが悪かったってのもあるのですが、、、
仕事だと思うと、、、ついつい、私はきついことを言ったこともありました。

それを真摯にとらえて、作業して頂いたお二人には
ホントに、申し訳なかったな、、、と反省してます。

口から出してしまった言葉は取り戻せないですね。
何て思いやりがないんだろうと、、、大変、後悔しました。

そんなお二人とも、今ではとても仲良くなれました。
良かったなぁ。。。ホッ。

そんなこんなで、
色んな思いがつまっておりますが。
1年半という長きにわたったプロジェクトが
昨日の日曜日、12月7日のスクールでの
最終報告会』をもちまして終了となりました。

当日は沢山の方にご来場いただきました^^
スクール以外の一般の方からの参加も多かったようです。
b8.jpeg

中間発表会と同じようにメンバーで考えたレシピの試食つき。
b5.jpeg

みんなどんどん手際が良くなってたよね。
b6.jpeg

美味しそうでしょ♪ そう、とっても美味ですっ^ ^
b4.jpeg

そして、プロジェクトの内容がこちらの一冊に結実しています。
b1_20141208214144b33.jpeg

何と、立派な本となりスクールにて販売しております!

b2_201412082141432ee.jpeg

こちらの本作成は短期間で
平日仕事の私なんかは、全くお手伝いできずでしたが
こんな素敵な本になって、、、素晴らしいです。


ご購入を希望の場合はスクールにお問合せ下さい。
税込800円です。(レシピ付き、オールカラーでこのお値段ってすごい)

↓以下がスクールお問合せ先
【1000部限定】
info@ayv-school.com


多才なメンバーと申しました通り、
イラストを描ける方もいらっしゃって、本中のかわいいイラストもメンバーによるものです。
社会人が本気になると、すごいパワーが集まりますね。



素晴らしいメンバーに恵まれて、活動できたこと
これからの財産になりました。


そして、みなさま本当にお疲れさまでした!!!


全ての巡りあわせに、感謝。
ありがとうございました。



ポマンダー作り~自宅用~

こんにちは。

先日、今年最後の講座を開催しました。
『ポマンダー作りと古今東西の香り』の第二弾です。
平日、夜の開催は初めてでしたが、
つくばから来て頂いたりと、、、ほんとに感謝です!!

授業風景をアップしました。→「今年の講座納めっ!

ポマンダー~。
今から作ってもクリスマスに間に合いますね。
作るのは、結構簡単です。
お気になる方は、挑戦してみて下さい。

こちらは、自宅で作ったものです
手前がキンカン。右は柚子。左はレモンです。
IMG_1703.jpg

ポマンダーパウダー、自分で配合するのが面倒な時には
ハーブ屋さん、ポプリ屋さんで、配合したものが販売しています。
便利ですよ♪

アニスシードを使った特徴的な香りのもので、カリス成城さんで購入。
IMG_1704.jpg
これ以外にも何種類がありました。

下の写真は、自分で配合するもの。
伝統的な香りにしました。
IMG_1706.jpg
保留剤のオリスルート。シナモン、カルダモン、オールスパイス。

袋の中で、ポマンダーにパウダーを万遍なくふりかけます。
そうすると、、、、こんな感じになります↓
IMG_1708.jpg

こちらを紙袋にいれて、湿気のない涼しい場所に吊るし、2週間程度、乾燥させます。
IMG_1709.jpg
パンをいれる、ビニールの小窓つきの袋があったので使ってみました。
紙袋なのに、中の様子もみれて便利ですね^^

乾燥したら、パウダーをしっかり刷毛などではらって、
思い思いのリボンをかけたら完成です。

作っている最中から、柑橘系のフレッシュで明るい香りと
甘く温かいクローブの香りが混ざって、なんとも言えない芳しさです。

ヨーロッパだったら、
きっと暖炉の前で、火の音を聞きながら作業するのかな~。
素敵だなー。
私は、遠赤ヒーターの前で作業しました(笑)

出来上がりが楽しみです。


バッチフラワーレメディー受講スタート

先週末の2日間。
バッチホリスティック研究所のバッチ国際教育プログラムlevel1を受講しました。

bachi2.jpeg
4階なのに、メゾネットで吹き抜けで。。。
素敵な空間で勉強~♪

秋ぐらいから「バイブレーショナルメディスン」という本を読んでいます。
こちらに、フラワーレメディの章もあって、だんだん勉強したくなちゃいまして。。
(本が厚くて、、、まだ完読してないんだけど)

フラワーレメディ―との出会いは、けっこう古くて十数年も前。
表参道のニールズヤードのアロマ初級講座でした。
この講座は幅広い自然療法が学べて、ホミオパシーやフラワーレメディーの紹介もありました。
今思えば、とても幸運でしたね。

ニールズヤードは、IFA認定校なので
AEAJのアロマ検定に準拠した勉強じゃなくって、
ニールズヤードの植物によるセルフケアの精神が入った、魅力的なカリキュラムなんですね^^
当時の私は、色んな世界があるもんだと、目をキラキラ輝かせていました。

授業中、試しに、あるホミオパシーを飲んだら
さーーーーっと、頭のてっぺんから、疲労とともに何かが変化?というか抜けていくのを感じました。
そのホミオパシーの効果をみると、、、打ち身にもきくし、酷い疲労にも。
寝不足と疲労で、薄ぼんやりしていたのに、リフレッシュされてびっくりしました。

「すごーいっ」となって、今はもうやってないんだろうけど
ニールズヤードで、医師でありホミオパシスト中村 裕恵先生の講座、、
たしかホミオパシー中級講座だったか、勉強させて頂きました。

数年前にホミオパシーのネガキャンはられた?せいで、
ニールズヤードは、もう初級講座に組み込んでないみたいですね、残念。

フラワーレメディも勉強したいな~なんて思っていたら
アーユルヴェーダに出会ってしまって(笑)
すっかり中断。

昨年の11月にスクールを卒業してからは
植物療法の世界に、興味がまた戻ってきまして、、、色々と勉強し直している最中なのですが

最近は、波動医療についてちょっとづつ興味が出て、
冒頭の本を読んだのもあって、再度のフラワーレメディ熱がやって来たので
その波にのってみることにしました(笑)

受講してみての感想。
とても面白かったです!!
昔も、レメディは数本購入して、飲んでたりしたのですが。
やっぱり本格的に勉強してみると、深さが全然違いますね。

練習問題やグループワークが多いのも驚きです。
座学で、辛いかなって思ってましたが
あという間の2日間でした。

各グループ、花カードを数枚渡されて
そのフラワーエッセンスが処方された人は、どんな人なのか?
というストーリーを作ったり、、、
真剣に考える分、フラワーレメディの特徴も頭にすんなり入ってきました。

この講座は、バッチフラワーレメディの世界共通のコースなんだそうですが、
無理なくステップアップできるように、工夫されたプログラムでした。

bachi1.jpeg

実習では、今の自分にあった
ミキシングボトルも作って、今飲んでいます。
ミキシングボトル作りもとっても楽しい。
まさに自分と向き合う時間だね。


フラワーレメディーも、バッチ博士が発見した以外のレメディ―が
とっても沢山あって。。。
これまた先がなが~いのですが、楽しみながらコツコツ勉強してく予定です。

将来的に、カウンセリングに取り入れられたらいいけど
先ずは自分がたくさん経験してみます。


ちょこちょこ、植物療法に関連した講座にいったことを日記に書いてきましたが
フラワーレメディ以外にも、来年は、ものすごーーーーく植物について学ぶ1年になりそう。
またスタートしたら日記にします。



楽しみ。
かつ、ハード。。。



プロフィール

猫パンダ

Author:猫パンダ
アーユルヴェーダとヨーガと奥田民生な毎日です。

ブログ内検索
ブログランキング
応援の一押しお願いします♪
人気ブログランキングへ

FC2ブログランキング

最近の記事
リンク
このブログをリンクに追加する
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。