残業でヴァータケア

アーユルヴェーダ小話2

先日、大変珍しく会社での仕事が日付をまたいだ・・。

わりと都会に住んでいるので、
電車で帰れましたが。

夜道、、、
妙に足取りが軽い。。

あぁ、ヴァータが上がってるのね。

夜更かしをして上がるドーシャはヴァータなのです。
さらに、ピッタも上がる。
だって、12時前後はピッタの時間だしね。

そして帰宅。
お風呂に入って、いざ寝てみたが・・・
会社で、ギリギリまでPC向かって仕事してたら、そりゃ交感神経が優位。

全く眠れず。。
更にヴァータが上がるのさ。
ヴァータは、不眠の原因でもある。

家で夜更かしだったら、徐々に副交感神経優位になっていってるから
寝れるんだけどね。

そして朝をむかえる(笑)
少しは寝たらしいが・・・。
超寝不足。不機嫌。
ヴァータとピッタが上がった裏で、心のグナであるラジャスも上がる。


そんな朝、ヴァータが上がりっぱなし状態の改善に私がすることは
セルフアヴィヤンガです。

ヴァータは乾燥をおこす。
ピッタも過剰になってるから、さらに悪化。

それを癒すにには、反対の性質である油を用いるのが一番。

朝から念入りに、ヴァータに効く薬用オイルを使ってマッサージ。
お風呂に入ってゆっくり発汗。

ここまですれば、かなり改善されます。
身体も心もすっきり。
やさぐれ感が減少~♪



こんな感じで、
日々の生活にアーユルヴェーダを活かしている。

ドーシャのバランスを乱さない生活、、
ディナチャルヤの実践が一番なんですが
どうにもならないこともあるので、
どのドーシャが上がっているのが自分をよくよく観察して
その反対の性質をもって、緩和する。

とてもシンプルだけど、効果があります。

寒いんだったら、温めよう。
乾燥しているんだったら、油で湿潤。
重いんだったら、軽いで。


アーユルヴェーダのコンセプトはとても使いやすいのです。


スポンサーサイト

食べ合せの害

ひさしぶりのアーユルヴェーダ小話を。。。

昨日は、インド料理教室。
月いち、美味しい料理が食べれる日。

ただ、仕事帰りに夜の部に行くので
食べるが遅くなるのが難点。
消化力(というより組織レベルの代謝)が弱い私はちょっと胃もたれ気味になる。

そして、昨日は~
アーユルヴェーダで言えば、消化重性のものが多かった。

こちらカスカスプーリーの材料。
プーリーって揚げパンのこと。
ただでせ重いのに、今回のはバナナを練りこむという(笑)
aa1_20150422225710006.jpeg

このよーに、綺麗な円形にのばせたらOK(これ、先生のお見本)
もちろん、私はこのよーには出来ないwムリムリ~。
aa2_201504222257106de.jpeg

プーリーも油であげて、
更に、ハス(蓮根)のパトゥラも。(パトゥラはインド版天ぷら。ベーサンという豆の粉が天ぷら粉)
aa5.jpeg
重い!しかし、美味いっ。

こちらが完成したお姿。
aa3.jpeg

ここまでは、まだ、よくあるちょっと重いインド料理。
美味しかったし悔いはない(笑)
そもそも、食事で大切なのは満足である。
とても美味かったので満足なのだ。

しかし。
この日は、、、この小悪魔がついておりました。
aa4.jpeg

どん!マンゴーラッシー。
何故、小悪魔だったかというと・・・
このラッシーさまには、
牛乳とヨーグルトが入っておりましてね。
そこにね、まだ酸味の残るマンゴーが入るのね。
もちろん、美味いんだけどね。

でも、アーユルヴェーダの食べ合せNGって何だっけ?
代表格が、「牛乳と酸味」「牛乳と塩味」

え?マンゴーラッシーさまダメじゃね?
食事には塩も入ってるし。

しかも、太陽が沈んでからのヨーグルトも
経路を詰まらせるのでNGだし。

NG尽くしだったが美味しく頂いた。。。
食事全体、重かったの食後の消化剤としてアジョワンをとってみたら
胃はだいぶ軽くなって、むしろ、調子が良くぐらいだった。


私は、安心して眠りについたのだが・・・・
翌朝、つまり今日。

普段、8時5分に家を出て会社にいく。
しかし、起きたら何と8時だった!?


寝起きに、理解ができず「今日は土日か?」とか、一瞬考えたが
土日だって、8時まで寝てたりしないし(笑)
いや?ちげーなって。やっと正気に戻って飛び起きた。

そう、かなり派手な寝坊だ。
そして、とっても身体が重い。ついでに顔が重い、頭も重い。

何故だ????って顔を洗って鏡をみたら
物凄い顔がむくんでいる、、、
右目は、割とぱっちり二重が一重に、つぶれている。

二日酔いかよ、おまえっ。しかし、酒は飲んでいない。

原因を考えるよりも、会社に行かないといけない状況だったので
TAXIつかって、何とかなんとか、、、、会社には間に合ったけど。

そして、落ち着いてよくよく、考えた。
結論にいたった。

「マンゴラッシーのせいだな」
そう、あの小悪魔さんです。

ただ、重い食事であれば多少のアーマを発生させて、胃が重いなぁ、今日。で終わる。
もちろん、代謝にも影響があるけど、そこそこの害で終わる。

しかし、昨日のように、
沢山の食事ルールのNGが重なると・・・
(遅い時間に食べたってのも原因の1つ)

食べ合せの悪さで生じた害は、
大量の未消化物を発生させてしまうと、言うがまさにそうだった。

胃腸の問題ではとどまらず
栄養が吸収された後で、
組織、経路をつまらせる。

今回の私は、おそらく身体のあちこちの経路がつまった結果
連動して、頭部もつまりを生じ、重さと、具合的な浮腫に繋がったと思う。
そして、身体の反応を鈍らせ、
ここ何年も記憶にないほどの、寝坊に繋がったらしい。

目覚ましだって、止めてなかったからね。
ある一定の時間、鳴ってるのにに気付かなかったのよ。
ちなみに、わたしちょっとだけ聴覚に問題があるので
頭部のつまりは、聴覚にも影響しちゃうからね、、それも原因か?

食べ合せの間違いによる害は、
経路のつまり度合が大きい。
そして、組織レベルに悪影響がある。
身体の鈍化させる。。。

アジョワンで胃の消化レベルを少しあげただけじゃ、
全く解消できなかった。。。
胃は軽くなってたからね。
また別ものだったね、食べ合せの害。

これほどまでの身体全体の浮腫を引き起こすとは恐るべし・・・。
でも、この症状は、私の身体の弱い部分に出ている。
全身の代謝が悪い私らしく、浮腫という症状になり、
さらに、それが頭部に集中するというのも、頭痛もちらしい。

症状というのは個人の弱い部位にでる。
同じ食べ合せの害でも、どこか内臓が調子悪くなる人もいるし、
消化力も代謝力もバッチリの、運動部に入ってる男子学生だったら
ひどいことにはならないで済む。


ただの「食べ過ぎ」とは違う身体の変化。。
身をもって「食べ合せ失敗」を実感した一日でした。

わたしは、断食を定期的にやっているので、
たぶん、人より敏感な反応になるんだと思う。

食べちゃった後、色々と手を打っても
それほど、解消できないというのも学んだ。

普段はね、さすがに牛乳の食べ合せには
とっても気を使ってるので、、、こんな状態になるとはわからなかった!
まぁ、人に伝えるには良い失敗の経験になりました。


ちなみに、この重さ。
まだ、この時点でも残ってます。。
怖いね~。

みなさまもお気をつけてくださいね。

手作り~桜の塩漬け~

不安定な天気が続きますね。
でも、朝の気温が上がってきて、身体が動かしやすくなってきました。
朝、活動しやすいのは嬉しいです。


ちょっと本題から逸れますが週末に、流行りのジャーサラダを作ってみました。
あんまり綺麗じゃない・・・。
s6.jpeg

しかもね、瓶から出すのが面倒で(笑)
まだ、食べてないです。。。
瓶にいれていく達成感はありましたww

閑話休題


春は自然の恵みが沢山、賑やかですね。
少しわけでいただき、春を満喫しました。


八重桜、今が見ごろ♪
s1.jpeg
ゴージャス!

この満開を迎える1~2週間前に7分咲きぐらいで摘み、
塩漬けにしました。
花弁のボリュームがあり美しい八重桜は、桜湯のお花に使われています。

先ずは水でしっかり洗ってから
塩をふり1日下漬け。出てきた水を切ります。
(アクもとれるんだと思う)

その後は、白梅酢を加えて、3日~1週間程度本漬け。
白梅酢が無ければ、レモン汁でもOKです。

私は、今回両方で試してみました。
さっぱりしたいならレモンで。
梅酢のうま味もプラスしたいなら白梅酢で。

梅と桜は同じバラ科サクラ属さんなんで、香りの相性がとてもよくって
芳香が良いものをつくるなら白梅酢がおすすめです!

漬けあがったら、水気を切ります。
酸が加わることで、赤色が濃くなりとても鮮やかな赤になります。
s2.jpeg

これを2日間、陰干し。
桜の甘すぎず、少しグリーンで、フレッシュな香りがお部屋に広がりました。
うっとり、至福の空間。
s3.jpeg


花は本によっては、3分咲きが良いとしているものもありました。
確かに、蕾が小さいほど、色は鮮やかなんですよね。

私は、8,9分咲きのお花も頂いたので
そちらは、酢漬けとして保存してみました、
1つ食べてみましたが、花弁が大きく開いているので
ボリュームがあって、美味です。
酢漬けは、大きく咲いたお花も向いているかも。

s4.jpeg
兎に角色が綺麗。うっとりしちゃう。
香りもとっても良いです。
こちらは、大きく咲いたお花でも出来るからまだ間に合うかも。
おススメですよーーー!


陰干しした桜は、塩漬けに。
s5.jpeg

桜ご飯でもいいし。
お菓子作りに使ってもいいし。

美しい色と芳しい香り。
気持ちが盛り上がりました。


自然に感謝。
ありがとうございます。




バイオダイナミック農法入門講座のお知らせ

新しい講座のお知らせです。

bio.jpg

『安珠先生に学ぶ~バイオダイナミック農法入門講座』

日にち:6月19日(金)
時間:19時~21時(約2時間の予定)
場所:水道橋教室
料金:MAXで4500円(参加人数が集まればもう少しお安くなります)
お申込み:yn.hasta@gmail.com

《内容》
①バイオダイナミック農法の考え方
生きているエネルギーと死んでいるエネルギー

②4つのエレメント(火地風水)の季節変動イメージ

③12星座と月の運行による農作業

《持ち物》
スケッチブックと色鉛筆
(12色ぐらいでOK)

《定員》
8名

ご希望の方はお早目にお申込み、もしくはお問合せ下さい。

私自身が受講したくって、お願いした講座です。
今からとても楽しみで、ワクワクします。
ご興味がございましたら、ぜひ、ご一緒しましょう!

講座ブログも合わせてご確認下さい~。

こちら

楊貴妃とマリーアントワネットの香り

すこし前になりますが

トトラボさんで、『美女たちの香水』という3回の講座を受けました。

残念ながら、1回目のクレオパトラは仕事で参加できませんでしたが、
2回目、楊貴妃
3回目、マリーアントワネット
に出席。

講師は、長谷川弘江先生
「癒しのお香」の著者でいらっしゃいます。
先生のブログ⇒「ありすのハーブ庭」

とってもノリが良くって、ユーモアたっぷり。
楽しい講座でした~。素敵な先生です。

さらに、先生、絶対、赤字だと思いますけど・・・
こちらが心配になるような、素材やお土産の数々にびっくりしました。

y8.jpeg


こちらは楊貴妃。
y2_20150405185853a3a.jpeg

楊貴妃美酒をベースに、
沈香が好きだった楊貴妃にちなんで、漢方として使える沈香や薔薇、菊花を追加しました。
y1_201504051858543e7.jpeg

薔薇や菊花が入って見た目にも綺麗。
y3_20150405185853e19.jpeg

これ以外に、『体身香』も作りました。

何でもですね、、これを蜂蜜と混ぜて丸薬にして飲むと
身体の中から匂いがたちこめる、美人になれるって。
y12.jpeg

y13.jpeg

食べれる漢方を使って、、、効能から考えると代謝を上げるものが
多かったように思います。
先生は、丸薬を飲み続けたら日本のお寺のような香りが
漂っい、すご~く代謝があがって汗が沢山でたそうです。
お寺の香りって、今だとおじーちゃんの香りのような(笑)


スペシャル版楊貴妃美酒は、
自宅で、抽出用のお酒をいれて完成です!

中国だから、、やっぱり紹興酒かな~って思いまして。
固い素材が多いので、抽出効率を考えたら、
アルコール度数高いほうが良いかもしれませんが、雰囲気重視!

比較したかったので、ホワイトリカーと紹興酒。
y4_20150405185852add.jpeg

ホワイトリカーは氷砂糖入りです。
y5_20150405185851df1.jpeg

後日、ウォッカ版も作りました!3種になりました。
紅花が入っているので、赤い色が際立ちます。
y6_2015040518585163e.jpeg

それぞれ、どんなお味になるかしら。
飲み比べもまた良いですよね。

チンキ剤の要領で、毎日振り続けて約2か月、熟成させます~。


とっても効きそうな薬用酒ができそうで
楽しみです。


こちらは、マリーアントワネット
y9.jpeg

マリーアントワネットの大ファンという長谷川先生の
オタクっぷりに爆笑!!!
めっちゃ面白かった。

薔薇が好きだったマリーアントワネットをイメージして
サシェ作り。
y7_20150405185921886.jpeg

そしてアントワネットの香水も。
y10.jpeg

ムスクが入ると、ぐぐっと媚薬っぽさが増します。
大人な女性の香りが出来ました。

随所に長谷川先生の香りを愛する気持ちがあふれた
素敵な講座でした。


平日開催、、、、ハードル高かったけど
参加して良かった!

先生の次のトトラボでのコラボ講座は、
『ヒルデガルド』との噂っ!
これまた楽しみっっ。


名前判明

先日、名前がわからないと書いたお花。

トトラボのお友達から教えて頂きました!

トサミズキでした。
z2.jpeg

ありがとう^^


プロフィール

猫パンダ

Author:猫パンダ
アーユルヴェーダとヨーガと奥田民生な毎日です。

ブログ内検索
ブログランキング
応援の一押しお願いします♪
人気ブログランキングへ

FC2ブログランキング

最近の記事
リンク
このブログをリンクに追加する
カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する