スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄耆と笹の包み

今回のメニューは

①黄耆(オウギ)と鶏肉の旨煮の笹の葉包みご飯
②黒胡麻糊
③自家製益気養陰湯

オウギは、気を補い、気を上昇させる。
朝が弱いとか、元気がなかなかでない人向きです。

胡麻は胡麻仁(ゴマニン)とよんで、肝腎不足の早期白髪や足のふらつき、眼がかすむ、耳鳴り等々によいそうです。

益気養陰湯は、太子参とナツメとクコを煎じたもの。
女性にむいていて、肌のつややイライラ防止にもいいそうです。
こちらは、気を下げる働き。

①は、簡易版ちまきです。
本当は、ちまきとして作りたいそうですが、長年の失敗?により
硬めに炊いたもち米に、醤油で味付けした材料をまぜ、笹にまき
蒸しあげる。今のスタイルにたどり着いたそうです。

先生が、おもむろにお米(生)をもちだしこれで練習しましょう♪って笑顔でおっしゃる。
たかが笹でまくのに、練習?っておおげさな~なんておもったのもつかのま、生徒皆で悪戦苦闘。最後、笹をヒモでまきつけるんだけど、そこまで辿り着かない。。。笹を綺麗な三角形にするのは難しいです。

②は、葛湯のようなもの。
とろみにお米を使います。黒米をミルサーで細かくすると
とても鮮やかなな紫色に
それを、すり鉢でペーストちょっと前まですった黒胡麻と合わせて、火にかけます。

胡麻すり担当は私でした。
えーこんなの、ペースト使っちゃえ!っと浅はかな生徒(=私)は思いますが(笑)先生いわく、豆からひいた珈琲とインスタント珈琲ぐらいの差が出るそうです
美味しいものを食べたければ、手間をおしまず。ですね。

③は材料をいれたら、火にかけるだけ。20分程度煎じます。
お茶を飲むだけなので、ナツメは薬局で売られているようなスライスタイプがよいそうです。(色々とこだわりが・・・)

午前中の漢方フェイシャルから休憩なし、お昼なしだった私は、ちまきを3つも食べました。鶏肉のうまみがでて、笹の香りもして、美味しかった!
後、黒胡麻糊は、胡麻の香りが高く、上品なお味で美味♪
これは、自分でも作ってみようと思いました。サロンでお出ししてもいいよね
抗酸化作用のある黒胡麻を沢山使うので、アンチエージングにもってこいですね
ただアーユルヴェーダでは、胡麻は身体に溜まっているものを外に出す効果があるので、妊婦さんにはすすめない食材。ってDr.アーシャ言ってたな。


20070527203454.jpg

これが、オウギです。ごぼうの輪切りのよう。


20070527203527.jpg

黒米をミルサーにかけた図


sasa.jpg

完成!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

猫パンダ

Author:猫パンダ
アーユルヴェーダとヨーガと奥田民生な毎日です。

ブログ内検索
ブログランキング
応援の一押しお願いします♪
人気ブログランキングへ

FC2ブログランキング

最近の記事
リンク
このブログをリンクに追加する
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。