スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベイリー式 リフレクソロジー

4月に延期になっていたリフレクソロジーの学校が、先週末の土日に
スタートしました。

日本ホリスティックケア研究所@四谷
こちらの学校を知ったのは、数年前アロマの学校を探していて資料請求した時からです。
実際には通いませんでしたが、サロンが併設されていて本格的なアロマセラピーが良心的な料金で受けられるので定期的に通っていました。

こちらはアロマのIFAコースと、英国ベイリースクール認定のリフレクソロジーを学べる学校で、どちらも英国の補完医療としてのセラピーを勉強できる数少ない学校です。

実際にがん患者さんへのアロマやリフレの施術の勉強会を随時開催しています。

イギリスの補完医療について、私も実際にはしっかりとしたイメージは持っていなかったのですが、英国では保険の適用(国と民間の2種あるらしいです)されるケースもあり、医師の元で病院でリフレクソロジーやアロマセラピーの施術が可能だそうです。
日本の”癒し”イメージとは、少し異なるようですね。

でも、施術の内容が違うって訳じゃないと思います。実際私がイギリスに行って受けたアロマセラピーも日本とそれほど変わるものでは無かったですし、受け止め方が異なるという意味で。

それと、英国ではスピリッチュアルセラピー(いわゆる前世療法的なもの)にも保険が適用されるケースがあるそうです
国によって、医療と考える範囲の違いには驚かされます。
ドイツではスパでの治療に保険が適用されるそうですし、ホミオパシーに保険がきく国はヨーロッパでは多数ありますよね。

今回私が勉強する、ベイリースクールも英国リフレクソロジー協会の公式なトレーニング機関ということで、カリキュラムは一通りの施術が出来るようになった後は、疾患べつのトリートメントを学び、補完医療としての知識を身につけていく形になっています。

↑これを読むと何だか大変そうな感じですが、月に一回の土日で1年コースという
のんびりした?スケジュール。(次回の講義まで沢山のケーススタディが課せられますが・・・)じっくり勉強していきます。

IFAも含めて、英国からセラピストを招いた講演を多数開催しているので、本場の補完医療についてもお話を聞ける機会がありそう。楽しみです。

で、初回の土日講義を終えての感想。
めっちゃ疲れた・・・・・・・・・・・・・・・・・。
朝 10:00~17:30×2日 (ただし初日は19時まで延長)
おかげで健康な方向けのトリートメントは出来るようになった。ハズ!


今日、会社に行って逆にのんびりできたので良かったですよ(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

猫パンダ

Author:猫パンダ
アーユルヴェーダとヨーガと奥田民生な毎日です。

ブログ内検索
ブログランキング
応援の一押しお願いします♪
人気ブログランキングへ

FC2ブログランキング

最近の記事
リンク
このブログをリンクに追加する
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。