スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春のカファ対策(はっさくピール)

昨日、6日の日曜日。
月イチ講座」の第二回目が終わりました。

前回、ご参加頂いた方がお出ししました「課題」に
とっても真面目に取り組んでいただいて、もうもう、嬉しかったなー。
ありがとうございました。


第2回目は、
・アグニ
・アーユルヴェーダの食事における8ルール
・6つ味
・8ルールの実践方法

これらをお伝えしましたが
私は6つ味とルールの実践方法を担当。


また、軽食に「春キチュリ」と題して、
ふきのとう入りのキチュリを召し上がっていただきました。

image (106)


講座でお話した「アグニ」とは、消化力・代謝力のことです。

アグニが良い状態であれば、多少油たっぷり、お肉たっぷりなお食事をしても
デザートを食べ過ぎたり、ジャンクフードを食べたって
なんとか消化・代謝してくれます。


でも、この消化力は
さまざまな時の影響を受け、上がったり、下がったりします。

1年の単位でみると
厳冬がアグニ(消化力・代謝力)が一番高い時期です。
その厳冬をピークに、夏至に向けて、ゆるやかに消化力は落ちていきます。

夏バテをする頃、消化する力も一番落ちているんですね。


季節の変わり目。「春」の今は?
もう、厳冬(冬至)をだいぶ過ぎてきて、消化の力が落ちてくるタイミングです。

でも、何が原因で落ちるのか?

前回の日記にも書きましたが
それは、冬に食べ過ぎて蓄積していたものが、春の暖かさで移動しはじめ、
身体のさまざな部位を詰まらせるから。

胃における消化の力も、詰まりがあると弱っていきます。
そして、細胞内の消化、つまり代謝も落ちてきます。


春、季節の変わり目に体調を崩すかたは多いですね。
身体が重く感じられる、ちょっとやる気がでない。
なんて方は、この「詰まり」が原因かもしれません。


前回の日記では、アーマ(未消化物)のケアは、お断食が効果的とお話しましたが、
今回は、カファ(体内の結合エネルギー)の対策について。

「つまり」は、アーマが原因であるとともに、
このカファという結合エネルギーも原因の1つです。

結合が「過度=増えすぎる」になると、分泌性、粘着性などを引き起こし
「つまり」の原因となるからです。

春は、このカファが増えるタイミングです。
ではでは、カファはどうしたら減らせるの?

生活では、適度な運動。
食事では、苦味・渋味・辛味を積極的に取り入れるのが効果的なんですね。


そこで春の苦味・渋味の代表格!
「ふきのとう」をいれた、キチュリを今回、お出ししました。
image101z.jpg


春はカファも増えますが、
自然界では、渋味が増える。とアーユルヴェーダの古典にあります。

確かに、アクの強い野菜が豊富になる時期ですね。
「旬のものを食べる」ことによって、
体内のバランスがとれるよう自然からの配慮があるようです。


ところで、先日参加しましたお断食の合宿の際、
「はっさく」が出ました。
はっさく、、、、苦いですよね?
今が旬の「夏みかん」も、苦い。

野菜ばかりか、春が旬の果物までちょっと苦い。。。
ってことにも、今回気づけました!

しかもですね。
この時期の、かんきつ類は、”皮が厚い”
まさに、実だけじゃなくって、私も食べてといっているかのよう。

そんな、はっさくの声(笑)
をいかすべく、お断食の合宿で大量にできた無農薬の皮。
頂いてきまして、ジャムとはっさくピール作りをしてみました。

ちなみに、皮を頂いてきた動機は、
「春はカファだから、苦味をとるため」なんて考えてないですよ~(笑)
どなたかが、「はっさくでピールを作ったら美味しかった」とお話してて
「ソレ食べてみたい!」という単なる食い意地です・・・。


けっこう沢山いただきました~🎵(食い意地の結果だなー)
image (102)

適当な幅にカットして、洋酒と甘味と水で煮詰めます。
image (103)

煮あがった皮を、グラニュー糖がわりにラカントをふりかけ
お皿やバットに並べて、乾燥させます。
image (104)

2日も経つと、この状態!(部屋が乾燥し過ぎなのかもしれないがww)
image (105)

出来上がったら、冷蔵庫で保存。

とても簡単にできました。

お砂糖ではなく、血糖値をあげない「ラカント」を使ったので
甘くてもカファはそれほど上がりません^^

これを精製砂糖で作ると苦味より、甘味の作用が勝って、
甘味の影響を受けてカファも上がってしまうので要注意です。

それと、
砂糖の代わりに蜂蜜をいれて、煮込むレシピもありますが
アーユルヴェーダ的にみれば、蜂蜜を加熱してしまうと
身体をつまらせる「毒」になるとまで言ってますから・・・。
蜂蜜だけは使わないでね。

生の蜂蜜でしたら、この春とるのに、優れた食べ物なんですけどね。


完成した「はっさくピール」
お味は、思った以上に苦甘な大人味。
甘いより、苦いが先にきますね。ほんと、よい苦味ですっ。
でもって、とっても美味しいです。


春のカファ対策の1つ、苦味。
お野菜だけじゃなく、果物やかんきつ類の皮をひと手間かけて
楽しみながら食してみるのも良いですね。

食い意地から転じて、たまには良い発見もあるもんです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

猫パンダ

Author:猫パンダ
アーユルヴェーダとヨーガと奥田民生な毎日です。

ブログ内検索
ブログランキング
応援の一押しお願いします♪
人気ブログランキングへ

FC2ブログランキング

最近の記事
リンク
このブログをリンクに追加する
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。