スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dr.Jayのがん対策セミナー

今日は日本アーユルヴェーダスクールの
『Dr. Jayのがん対策セミナー』に参加しました。

スクールの提携校で、アメリカのロサンゼルスにある
AUCM(米国補完医療大学)のアーユルヴェーダ部門の学部長がDr.Jay先生。

インド人のアーユルヴェーダドクターですが、
アメリカでの臨床経験も10年を過ぎたそうです。

先生は、渡米してから中医学も学び(4年間って、すごい本格的)
ツボにもマルマにも、漢方にも精通されているうえに、
実はアロマセラピーも学んでいらっしゃる、すごい知識量なのですが、、、

カリフォルニア州は、患者が治療を選択する自由があり、
日本では、アーユルヴェーダドクターも医療行為は出来ませんが、
先生の大学はクリニックも併設しており、そちらで治療もされています。
(ビバリーヒルズにあるんです、行ってみたいーっ)

数年前から来日して、年に1回ぐらいのペースで講座や本科の授業をして下さっています。

今回は、がん対策についてのセミナーでした。
クリニックでの臨床例と、その治療のプロセスみながらの
実践的でとても有意義な講座でした。

薬理学が専門の先生らしく、
ドーシャの働き、ダートゥ、スロータス、アグニにアーマ、
これらのアーユルヴェーダ独特の概念と、現代医療的な解釈が
見事な説明によって結びつき、本当に素晴らしい内容でした。

とても印象に残った言葉があったのでその日のうちに日記にしようと思いました。

「すべての病気がアーユルヴェーダで治せるわけではない」

「トリッキーだったり、一般化できない治療はファンタジーだ」
英語で何ていったのか聞いてなかったので、前半は訳からの私の意訳。

全ての病気を治せるわけじゃないというのは
校長のDr.クリシュナもよくおっしゃる言葉です。
であれば、何をするのか?
残りの人生の質を上げることは出来る。
そういいます。
そして、人間をなしているのは肉体だけではないこと、
魂と精神について理解してもらうことで
死への恐怖が和らいでいくだろうと。

Dr.Jay先生は、それを講座の最初におっしゃるあたり、
ほんと、真面目で真摯な方だなぁ、と改めて思うのです。

それと、
ファンタジー。。。w
本当ですよね、手に入らない特別なモノを使った治療を紹介されたって、
絵に描いた餅です。実践できないなら、意味がない。


アーユルヴェーダは
奇跡をおこせるわけではない、だって医療だから。
それは宗教の領域。


誰もがルルドの泉の水が手に入るわけでは無いのだから
(先生はそんなことは言ってないからね)
ただ実直に、その人の体質と状態をしっかりみて、治療を行う術なのです。

臨床例の紹介では、患者を思いやる気持ちがあふれていて
真摯な態度と治療者としての先生の精神性の高さが伝わってきました。



これからも沢山学ばせて頂きたいです。
素晴らしい講座と、学ぶ機会を与えて下さるスクールに、
クリシュナ校長に、Dr.Jay先生に感謝。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

猫パンダ

Author:猫パンダ
アーユルヴェーダとヨーガと奥田民生な毎日です。

ブログ内検索
ブログランキング
応援の一押しお願いします♪
人気ブログランキングへ

FC2ブログランキング

最近の記事
リンク
このブログをリンクに追加する
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。