スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の自家蒸留・後半戦

春の蒸留、後半戦!(笑)

トトラボさんで、みかん園での花の蒸留会があるんです。
みかんは、花も素敵ですが葉や枝からも芳香が抽出できます。

オレンジの花からネロり精油が
葉や枝からプチグレン精油が
果皮からオレンジ精油がとれるのと一緒。
実を食べも美味の、捨てるとこなし芳香植物なんです。

ネロりもプチグレンも大好きな香りで、それに近しいミカン蒸留会
平日開催で、仕事休めない日で悲しくなっていたら
実家でみかんの花が咲いていました(笑)
灯台下暗しっ

しかも、今年は豊作(花が)らしい。
s5_2015051621113517b.jpeg

咲いている図はこちら。可憐だよね~。
a7_20150516210921141.jpeg

花の蒸留は、蕾か咲き掛けぐらい良いのでちょうど良いタイミングでした。

柚子も蕾が沢山ついていたので採取♪
(棘が怖いのね、柚子~)

香りの強い植物を探してお庭と畑をウロウロ。
目にとまったのが、山椒の木。
a6_20150516210920331.jpeg

わたし、山椒の葉の佃煮が大好きなんです。
実より葉が好き。あの独特の香りもたまらない~、、、ということでこちらも採取。

あとは、矢車菊が盛りで、一面に咲いてました。
IMG_2470.jpg

美人な蜂さんが蜜を採取中。
IMG_2472.jpg

矢車菊も綺麗なブルーに魅かれて、色素採取用に頂いてきました。
後で調べたら、目の鎮静にも良いし、
ハーブティーの見た目を美しくするのに、花びらを乾燥させて使うそうです。
もっと、採取してくればよかったなー。

左上が柚子の花と葉    右上がミカンの花と葉
左下は矢車菊        右下が山椒の葉
蒸留素材

花、葉それぞれ別々に蒸留とチンキ剤にしました。
蒸留2種

矢車菊は、無水エタノール(99度)と、ホワイトリカー(35度)で抽出
左がホワイトリカー             右が無水エタノール
b3_20150516211011fd4.jpeg
チンキにしてすぐにとった写真ですが、
右の無水エタノールのほうが深く浸透しているのがわかりますね。

矢車菊は、この春覚えた花の名前です。ほんと、恥ずかしいほど花の名前しらなくって。
先日、IFA資格用に芳香植物の歴史を勉強していたら
ネアンデルタール人が埋葬の際に植物を供えたお話で、この矢車菊も含まれていました!
鮮やかなブルーの色が、きっと慰めになったんだろうなとか、、、(ブルーとは限らないけどw)
花の名前を覚えたお蔭で思えたのが嬉しかったです。

こちらが出来上がった芳香蒸留水とチンキ剤
s6_20150516211132297.jpeg

お花チンキ剤は、本当に難しいですね。
以前、沈丁花のチンキ剤が惨敗(失敗)したことを日記にしたと思いますが、

今回のミカンと柚子のお花。
先ず、ミカンのお花ですが、ホワイトリカーをいれてしばらくしてから
ちょっと青っぽい香りがしてましたが、7時間後には、それがさらにきつくなってしまってました。

柚子は、7時間後ぐらいまで良い香りでした。
「お、柚子はうまくいってるな~」と、思いつつ
更にもっと良い香りになるんじゃ?と、欲を出した3時間後、
雑味がでてきしまった。

花の香りは、引き際が肝心です!!!!
あ、良いな。と思った時点で、濾す潔さ(笑)

来年に活かしたいです(涙)

柚子は蕾ばかりだったのも良かったかな?
チンキには蕾のエネルギーのほうが向いてるように思いました。

山椒のチンキ&蒸留水は、美味しそうな香りに仕上がりました。
部屋の清浄スプレーに良いかも。

そして本日は、お花が咲き始めたドクダミを蒸留。
f1_20150516231424071.jpeg

ドクダミの強く、パンチのある香り、嫌いじゃないの!(笑)
いや、むしろ好き。
なぜなら、我が家では麦茶の代わりに夏はドクダミ茶を飲んでいたから。
f2_20150516231421fb0.jpeg
こんなに自己主張の強い香りを放つ薬草も少ないじゃない?

母曰く、「ムカデの毒出しにはドクダミをすり潰したものが一番」なんだそうです。
へぇ、、、、。
生薬名は『十薬(じゅうやく)』利尿は動脈硬化予防。
生葉は、湿疹、かぶれによい。


f3_201505162314225ba.jpeg

芳香蒸留水も、あの香りをそのまま映したよう香りになりました。
て、ことは。
ドクダミの香り成分は、水溶性、もしくは脂溶性でも水
にもとける成分を多く含んでるってことね。

ふむふむ。

ドクダミ茶も、けっこう香り強いもんね。
水溶性で薬効が出やすいってことじゃ~。

ただの蒸留バカだけでなく、
一応、考察もしてみたりするのですよ・・。


ヨモギ蒸留水もあるので、今回のドクダミ蒸留水と合わせて
特製の化粧水作りしてみます。
効きそう♪



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

猫パンダ

Author:猫パンダ
アーユルヴェーダとヨーガと奥田民生な毎日です。

ブログ内検索
ブログランキング
応援の一押しお願いします♪
人気ブログランキングへ

FC2ブログランキング

最近の記事
リンク
このブログをリンクに追加する
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。